子育て悩み2歳差きょうだい喧嘩どうにかしたい・・・

スポンサードリンク
Pocket

2013-07-28 14.33.51_LI.jpg

2歳差のきょうだい喧嘩・親怒鳴るこんな毎日が繰り広げられている。

我が家は3人子供がいる。上から6歳・男、4歳・女、0歳・女。

末娘が生まれるまでは、上二人は2歳差だから、大荒れ・・・

毎日ヘトヘト・クタクタ

兄だけの時は、怒鳴ることもなく、友達に「怒ったことってあるの?」って口々に聞かれる。ぐらい穏やかだった。

ほとんど怒ることなく、悪いことをしても言い聞かせる。ことを私も主人も自然と実践していた。

だけど、2歳差の娘が生まれてから、自分でもびっくりするぐらい怒鳴るようになった。

自己嫌悪に陥る日々。

子供が寝静まった時に、涙が止まらない。

なぜ、これほどにも怒鳴るようになったかというと、息子は大好きな車を家中に並べる。

それを赤ちゃんの娘がハイハイでぶつかってしまったりして、崩してしまう。

まだ幼い息子は先に娘に手が出てしまう。

赤ちゃんの娘は叩かれて、倒されて、泣きじゃくるし、頭も床にぶつける。

仕方ないと思い、最初の頃は優しく注意していた。

でも、それも最初の内だけ、毎日続くと可愛いはずの息子がかわいく思えない日も出てくる。

なんで、そんなことするんだーーーー いいかんげにしろよーーーーって思えてくるし、口にしてしまう。

自分が嫌になる。

スポンサードリンク

兄が2歳差の妹に優しくなったきっかけ

第三子が誕生し、上二人がチームワークを組むようになったり、一緒に生まれたばかりの赤ちゃんの妹を可愛がるようになり、以前よりもグーンと仲良くなった。

親にとって本当に嬉しいことだった。

それから、ある日の出来事、我が家は寝る前に子供と一緒に遊ぶことが多々ある。

その日、兄は、2歳差の妹に手を出した。父がみかねて、こっぴどく叱った。

「妹に優しくするまで絶対に遊ばない。」と言われた。

寝る前に遊ぶのをすごく楽しみにしていた息子はすごく落ち込んで、何度も何度も「ごめんなさい。」と連呼した。

この時ばかりは、いつも優しいお父さんも耳を貸さなかった。

それがきっかけだったのかわからないけど、この日から少しずつ2歳差の妹に優しくなってきた。

更に、口調も優しくなり、悩んでいた数年がうそのようだった。

さすがに、毎日お利口さんというわけにはいかないが、少しずつ手を出す回数は減った。

子育ては難しい。

私が経験した人生の中で一番難しい。

私は姉妹で育ったから、尚更、男の子の気持ちがわからない。

そんな時、産婦人科の待ち時間でふっと手にとった本が今でも鮮明に記憶に残っている。

男の子と女の子って全然違うんだな~と痛感した一冊。

気になる人は是非読んでみてください。

子育ては本当に難しいが、子供の成長と共に親も少しずつ成長する。

気が遠くなるような目の前の悩みも時が経つと良き思い出だが、悩みの渦中のさなかではそんなこ日が来るとは思えない。

スポンサードリンク