衝撃事実!!妊婦は口臭がキツクなる!夫の一言「口が臭い!」

スポンサードリンク
Pocket

妻の口が臭い

都市伝説「胃が悪いから口が臭い!」は真っ赤なウソ!!

胃から出るガスはゲップだけ。

他人の口臭が気になる人は90%もいます。

その中でも、悲しすぎるのが夫の口臭、妻の口臭で離婚の危機が・・・

他人ごとになる前に何とか解決しましょう。

うちは大丈夫!!だと思ったあなた危険ですよ!!

危険すぎる!!

実は、口臭の原因のほとんどは、口の中に原因があります。

虫歯や歯垢の蓄積、歯槽膿漏などが大半です。

ただし、歯科的疾患のほかに、糖尿病、唾液腺疾患、鼻疾患、胃腸疾患などが原因の場合もあります。

「胃が悪いから口が臭い!!」と言われていますが、胃の病気が原因で口が臭くなる可能性はかなり低いです。

口臭の原因①生理的口臭は誰にでも起きます②病的口臭は口内環境があまりよくない場合や別の病気が原因で口が臭くなります。

その為、いつ自分が口が臭くなるかはわかりません。

明日は我が身かもしれません・・・

それに、残念ですが加齢とともに口臭が出やすくなります。



スポンサードリンク

妊婦は口が臭い!!対人恐怖症になる

妊婦は口が臭くなるって知ってました?

実際に私が臨月の頃旦那と母と姉の3人に「口が臭い!」と言われ、相当なショックを受けました。

一人ならまだしも、三人に言われると現実を受け止めるしかありません。

この時は、胃が悪いから「口が臭いのかな~」なんて思っていました。

現実逃避をしたくなるほど傷つき、歯磨きを入念にし、人と話す時は距離をあけ、手で口を押え、うつむいてしまいました。

完璧対人恐怖症ですね。

妊婦の口臭がきつくなる原因

①口の中が酸性になる

妊娠する前は、口の中の唾液はアルカリ性ですが、妊娠をすると唾液が酸性になります。

酸性になると虫歯になりやすくなります。(一定量の酸が増えると酸が歯を溶かし始めます。)虫歯は、ただ痛いだけではありません、強烈な悪臭を放ち、口臭の原因になります。

【解決策】
妊娠中は口の中の唾液が酸性になるだけではなく、つわりで歯磨きをするのが気持ち悪くちゃんと磨けなくなります。

定期的に歯医者に行き歯周ポケットの検査をしてもらい、ブラッシング指導やクリーニングを受けると効果的です。自宅ではBRIAN(ブリアン)を使用してみましょう。

通常の歯磨き粉よりも虫歯になりにくい歯にし、口内環境を整えてくれます。

BRIAN(ブリアン)公式サイト⇒善玉菌配合のオールインワン歯磨き粉

②不規則な食生活

妊娠中つわりがひどい場合は、食欲がある時に食べたい物を食べる、飲む。

この繰り返し、食事やおやつ等の回数が必然と増えますが、歯を磨く回数は変わらない。

ということは、口の中は常に食べカスだらけ・・・

その為、口内環境が悪化し、虫歯や歯周病を引き起こします。

【解決策】
メディアで話題沸騰中のBRIAN(ブリアン)で歯磨きをするのはもちろんですが、ノンカフェインの伝統爽快ごぼうなた豆茶を摂取することをおすすめします。

妊娠中は無性にのどが渇く時があります。

そんな時は、なた豆茶がおすすめですよ。

なた豆茶は、妊婦さんに必要な鉄分やカルシウムやビタミンが豊富に含まれています。

また、冷え症になりやすい妊婦さんの体を温めてくれるため、血行を促進し、体が温まる上に腸内環境や口内環境を整えてくれる一石二鳥ではなく、一石三鳥以上の役割を果たしてくれます。

*なた豆茶によってはカフェインが含まれているものがある為、必ず成分を確認してから購入しましょう。

伝統爽快ごぼうなた豆茶はノンカフェインです。

伝統爽快ごぼうなた豆茶の公式サイト⇒国産なた豆茶にごぼう茶をブレンド♪

③ドライマウス

子供によくおこるドライマウス。

ドライマウスとは、主に口呼吸や鼻水、鼻ずまりが原因で口の中が乾ききってしまうことです。

口の中が乾くと口臭がきつくなります。

このドライマウスは子供だけではなく、大人や妊婦さんにも十分起こりえます。

【解決策】
鼻水や、鼻ずまりが原因の場合は病院などに行き、適切な処置を受ける。

普段から口呼吸ではなく、鼻呼吸を心がける。

鼻呼吸はリラックス効果などもあるので、是非普段から取り入れてみましょう。

また、自分で出来る対策としては、舌を沢山動かし唾液を強制的に出す。

または、キシリトールなどの歯に良いガムを噛み唾液を出すことによって改善されます。

④女性ホルモンバランスの乱れ

妊娠すると女性ホルモン(プロゲステロンやエストロゲン)の分泌量が通常より増加します。

この女性ホルモンの増加により、歯周病や虫歯になりやすい状態になります。

【解決策】
やはり、定期的に歯医者に行き口内環境を整えてもらいましょう。

私が妊婦の時は、きちんと歯磨きが出来ず、歯茎が赤く腫れあがり、血がすぐ出ていました。

母親の口内環境(虫歯など)は赤ちゃんに移ると言われているので、妊娠中もしっかりケアしましょう。

お腹が大きくて、長時間仰向けなどができない場合はお医者さんと相談しましょう。

私は、短時間でケアしてもらったり、臨月に近づいてくると少しだけ椅子を傾けてもらい口内ケアをしました。

かかりつけの歯医者で解決しない場合は口臭治療に強い「バイオクリニック」で口臭の原因を突き止め、治療に専念しましょう。

まとめ

母親の虫歯は赤ちゃんにうつる

妊娠中は色々と気になることが盛り沢山です。

妊娠時の口臭は女性ホルモンの乱れなどにより、一時的な場合もあるので、あまり過度に気にしすぎることはないかもしれません・・・

生まれてくる赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があるので、自分の為にも赤ちゃんの為にも、自宅でのケアが難しい場合は定期的にかかりつけの歯医者にかかることをおすすめします。

妊娠中の歯ブラシは意外と大変。

奥歯を磨こうとすると「うえ~~、おえ、おえ」なんてことは何度もありました。

歯を磨きたいけど、磨けないなんてことはしょっちゅうです。

そんな時は、無理をせず、今なら歯磨きできそうというタイミングで丁寧に歯磨きをしましょう。

自分の体と相談しながら、オーラルケアをしてみてください。

そして、なた豆茶は妊婦さんだけでなく、子供から大人まで飲めます。血流が良くなりポカポカしますよ。

プロゴルファーの石川遼君は朝にお白湯か温かいお茶を飲むそうです。

朝一番に温かいお白湯やお茶を飲むことで腸内環境が整い、いつまでも健康でいられるので続けているそうです。

私も朝一番にお白湯やなた豆茶やお茶を摂取しています。

無理なく、自分の出来ることから始めてみてください。

伝統爽快ごぼうなた豆茶

口臭治療予約

スポンサードリンク