赤ちゃんが泣き止まない!周囲の目が気になる!バス・電車は不便!

スポンサードリンク
Pocket

赤ちゃん激しく泣く

赤ちゃんが外出先で泣かれるとオロオロしてしまいますよね。

しかも、何をやってもダメで激しく泣かれた時の周囲の冷たい目線。

なんだか「静かにさせろよ!!」「虐待か!?」「親は何してんだよ!!」と周りの人が思っていなくても、そう思われているのじゃないかと気が気でなくなってしまう現実があります。

果たして、「長く泣く子」と「すぐに泣き止む子」ではどちらが親子の関係性がいいのでしょうか?専門家の答えは???

スポンサードリンク

「長く泣く子」と「すぐ泣き止む子」どっちが親子の関係性が良好?

答えは「長く泣く子」です。

なぜなら、「長く泣く子」は泣き続ければ親が絶対に振り向くとわかっているからです。

それだけ、親子の信頼があるということです。

その為、親が忙しくて無視されても泣き続けます。

これは、心が健全に育っている証拠です。

昔から、「泣く子が育つ」と言われているように激しく泣き続けるのは親子の関係が良好で、心が健全に育っている証。

赤ちゃんとの電車やバスの移動は大変

妊婦・赤ちゃんがいる人に手を差し伸べよう

赤ちゃんと電車やバスに乗るとすごく大変ですよね。

赤ちゃんとの移動って自分に子供が出来て初めてこんなに大変なんだと痛感しました。

荷物がてんこ盛り!!

前には赤ちゃん、後ろには赤ちゃんの為の荷物が沢山入ったリュック、手にはベビーカー、リュックに荷物が入りきらなくてベビーカーの下カゴに沢山の荷物。

更にきょうだいがいる場合はもっと大変。

そんな中赤ちゃんや子供たちが眠かったり、お腹がすいたり、喧嘩などで騒ぎ出すと親はシドロモドロ・・・勘弁してくれよとこっちが泣き叫びたくなる。

その時の周囲の冷たい目線は今でも忘れない。

でも、そんな時優しい方が赤ちゃんや子供をあやしてくれたり、今にも赤ちゃんや荷物の重みで肩がちぎれそうな時「どうぞと席を譲ってもらえると」本当にその方が天使のように思える。

一人でいっぱいいっぱい。

どうにもならないこともある。

そんな時、この経験を生かして、私の子供たちが大きくなり巣立った時、困っている妊婦さんや赤ちゃんや子連れの方にそっと手を差し伸べてあげられるような人になりたい。

赤ちゃんとの電車移動の過酷なエピソードはコチラ⇒子育て大変疲れる「パパ助けて!」世界で一番大変な仕事【母親】

赤ちゃんと一緒のバスでのエピソード

バスにベビーカーで乗るのって大変。

我が家は一人用のベビーカーだからまだいいが、双子ちゃんのベビーカーや二段になっているベビーカーをバスに乗せることは難しいし、不可能かも?本当に子連れには不便だな~と感じた。

それは、バスだけでなく交通機関を利用する時もそうだ。

スロープがなく急な階段を駅員さんもいないのでベビーカーを持ち上げながら、階段から転げ落ちないかハラハラドキドキ心臓をバクバクさせながら、階段を上り下り、エレベーターがあっても遠いし、狭いから何度もエレベーターが来るのを待たなくては行けなかったり、エレベーターがないことも多々ある。本当に辛い。

本当に妊婦さんや赤ちゃんや子供がいる人、高齢者、車いすなどの体の不自由な方に不便だな~とつくづく感じる。

そして、そんな不便さを感じながらも交通手段を利用しなくては出掛けれない。

まだ子供が一人の時、息子をベビーカーに乗せてバスに乗った。

その時、背中には大量の荷物が入ったリュックを背負い、ベビーカーの下カゴやフックにも大量の荷物、そして、ベビーカーにはまだあまり首の座っていない息子。

なんとか息子を乗せたベビーカーを持ち上げ、バスに乗り込むとバスはギュウギュウだった。

バスの運転手さんに車内放送で「ベビーカーは折りたたんでください。他の乗客の皆様にご迷惑がかかります。」とアナウンスが流れた。

それはごもっともだと思う。

混んでいる車内の中ベビーカーがあると本当に邪魔だ。

大変申し訳ない気持ちもあるのだが、その後が本当に大変だった。

というのも・・・

まずは、ベビーカーの下カゴから荷物を取り出し、まだあまり首の座っていない息子をギュウギュウの混みあっているバス内で「申し訳ありません。申し訳ありません。」と連呼しながら、抱っこ紐に設置しようとした時ベビーカーのフックに荷物がひっかけてあるので、ベビーカーは赤ちゃんが乗っていないため片方が軽くなってしまい、でバランスを崩し倒れてしまった。

ベビーカーは意外と不便。

バランスを崩すと倒れるし、安全性を考えて簡単に折りたたむことは出来ないようになっている。最近は海外のベビーカーが簡単に折りたためるベビーカーを販売している所もある。

狭いバス内でベビーカーは倒れ、抱っこ紐に設置した息子の頭が下を向きながら、必死にベビーカーを折りたたむ。

その手には大量の荷物。

本当は今にも泣きそう。

周りの人は迷惑そうだったが、そんなことを気にしている余裕もなかった。

ただただ必死だった。

そんな時に息子が泣き叫んでいたら、もうパンク寸前だったと思う。

ながら育児はダメ?

母親は育児以外にもやることがテンコ盛り!!

きょうだいがいると尚更だ。

そんな時、活躍するのがスマートフォンやタブレットの動画。

最近は動画を見せ続けている親が多いように感じる。

ながら育児は決して悪いわけではないが、全てを動画などにお任せし続けるのはNG。

まず大事なのは動画などでながら育児をした後は、家事などの用事が終わった後必ず少しの時間でもいいので、「必ず赤ちゃんの相手をする」ことです。

家事などで忙しくしていてもちゃんと自分の元へ戻ってきて相手をしてくれるとわかっていれば、赤ちゃんはとっても安心し、ぐずることがぐっと減ります。

「あなたのことが大事だよ。」と赤ちゃんを大切にしていることが伝わっているかどうかが大切です。

きょうだいがいると中々時間を割くことは難しいですが、ほんの少しだけでもいいので赤ちゃんとの時間を作ってあげましょう。

赤ちゃんの最適なおもちゃ

赤ちゃんにとって最適なおもちゃは「積み木」です。

赤ちゃんは物をつかむという行為を通して、大きさ、自分との距離、触り心地など多くの情報を得ています。

時には、物を近くに置いてみたり、遠くに投げてみたり、動かしてみたりと五感を使って沢山学んでいます。

積み木は単純に思えますが、非常に多くのことを学ぶことが出来る赤ちゃんにとって最適のおもちゃです。複雑なおもちゃはすぐに飽きてしまいます。

その上でも、積み木は長い期間遊ぶことが出来るおもちゃです。

そして、赤ちゃんと遊ぶ時は、赤ちゃん自身がやりたいことを見守りましょう。

好きなことをやらせてあげることで自ら学び成長していきます。

まとめ

赤ちゃんの行動を理解するのは難しいですよね。

しかも初めての子どもとなると戸惑うことばかりです。

3人いても3人3色の為わからないことは多々ありますが、なんとなくこんなことで泣いているんじゃないかな?と勘が働くようになりました。

また良い意味で赤ちゃんの泣き声にも慣れました。

一人目の時は息子が泣いているだけで、泣き止ませることが出来ない自分のことを母親失格だと思ったこともあるほどです。

今では、赤ちゃんは泣くの仕事、当たり前だと思えるようになりましたが、さすがに公共の場で泣き続けられると困ってしまいます。

いろいろ試行錯誤しますが、ダメな時はダメと諦めるとだいぶ気が楽になります。

周囲の目が気にならないわけではないですが、一生懸命やれることをやった上でなら諦めるしかないかもしれないですね。

こんなこと言ったら、「何言ってるのよ。疲れてるんだから、静かにさせてよ。」って思う人もいるので、本当に申し訳ないのですが、少しでもこういった事実があることを理解してもらえる人が増えると本当にありがたいです。

スポンサードリンク