妊娠後期(8~10か月)入院準備に必要な物・早めに用意しよう

スポンサードリンク
Pocket

妊娠後期(8~10か月)入院準備に必要な物リスト

妊娠後期(8~10か月)になると初妊婦さんも経産婦さんもさすがにお腹が大きくなってきて、お腹も張って身動きできなくなってきますよね。

動いてるのもしんどいけど、寝てるのもしんどい時期・・・

でも、この時期を乗り切れば可愛い赤ちゃんとご対面ですよ~

いよいよですね。

待ち遠しい。

出来れば、妊娠8カ月目までぐらいまでには入院に必要な物や退院後に必要な物、赤ちゃんに必要な物は取り揃えておきましょう。

出産間近だと何が起きるかわからないし、動くのも大変なのでお早めに~

今回は妊娠後期(8~10カ月)の入院に必要な物を確認していきましょう。

スポンサードリンク

妊娠後期(8~10カ月)入院準備リスト

①マタニティパジャマ
2~3枚
洗濯の機会も限られる入院中のことを考え、洗い替えの準備もお忘れなく!
②ルームウェア
入院直前は、家にいる機会も多くなるので、リラックス!
③産後ショーツ
3~4枚
出産準備のマストアイテム!
④産褥ショーツ
3~4枚
出産後、すぐに戻りきらないお腹には専用のショーツが必要
⑤授乳服・産後ウェア
出産後に始まる授乳、授乳服は楽チンが一番
⑥授乳肌着
5~6枚
授乳ができる肌着は出産後に活躍!
⑦産後リフォームインナー
2~3枚
出産後の骨盤はガタガタ!骨盤矯正と体形を徐々に戻そう
⑧メモリアルドレス
(セレモニードレス)
1枚
退院時の赤ちゃんは、生まれてはじめての赤ちゃんの記念写真に必須

①マタニティパジャマ



マタニティパジャマは入院する時に必須のアイテムです。

着替えの分も考え、最低2枚は必要です。

出来れば、出産後授乳をすることも考え授乳が出来るタイプのマタニティパジャマがおすすめ!!

授乳機能付きパジャマはコチラ⇒スウィートマミー

注意点!

出産の時期により、マタニティパジャマの生地や素材などが変わります。

ただし、子供が2人以上欲しいという方は次の子がいつの時期に生まれるかわからないので、春や秋に着れるタイプのマタニティパジャマを選んでおくと間違いありません。

入院中病院は暖房がきいていてとても暖かいです。

もし、冬などで肌寒いなら上に羽織るガウンなどを用意しておけばOK!!

【おすすめのガウン】

②ルームウェア



ルームウェアは必須ではありません。

退院後ほとんどを家で過ごすため自分がリラックスできるルームウェアで過ごすことをおすすめします。

ただし、マタニティパジャマでいいという方はわざわざ購入する必要はありませんが、急な来客などでパジャマだと恥ずかしいという方はルームウェアがあると着替え直したり、上に何かを羽織る必要がないので楽チンです。

③産後ショーツ



産後ショーツは必ず必須というわけではありませんが、産前にお腹が小さかった人は産前産後兼用のショーツがあるので、そのタイプがおすすめです。

産前がすごくお腹が大きくてお腹まですっぽり包むタイプのショーツをはいていた方は、新たに産後ショーツを購入するのが良いでしょう。

または、産後すぐにお腹が戻り普段履いているショーツがはける人はあえて買う必要はありませんが、産後ショーツには出産でガタガタになってしまった骨盤をサポートするタイプのもあるので、もし産後ショーツを購入するのであれば骨盤をサポートするタイプをおすすめします。

【骨盤をサポートするタイプのショーツ】

④産褥ショーツ

産褥ショーツはあるととっても便利です。

大抵の妊婦さんが「産褥ショーツって何?」と思うのじゃないでしょうか?

私も初めての出産準備の時に「産褥ショーツ?なんだそれ?これ必要なの?」って思いましたが、出産後の入院中に産褥ショーツがあるととても便利でした。

産後は悪露(おろ)といって、子宮に残った血液や細菌が排出され、産後数日は赤色のものが出ます。(血や血の塊みたいなものが出てきます。)

産後日数が経つにつれ、色は薄くなり、量も減っていきますが悪露自体は数週間にわたる為、生理用ナプキンの大きいタイプに似た産褥パッドを着用を使用します。

産褥ショーツはクロッチ部分が開閉する作りとなっているので、会陰切開後の痛みのせいで思うように動けないママも、帝王切開後の動けないママも、寝たままの体制で産褥パットを取り替えてもらえるので大変便利です。

帝王切開の場合

私は上2人が自然分娩、3人目は帝王切開でしたがどちらの時も産褥ショーツは大活躍でしたが、特に帝王切開の時に産褥ショーツが大活躍しました。

なぜなら、帝王切開の手術後麻酔が切れるまで約1日は身動きが出来ない為、助産師さんや看護師さんに産褥パッドを取り換えてもらいます。

このような理由からも産褥ショーツがあると便利です。

産褥パッドを取り換えてもらうのはとっても恥ずかしいですが、恥ずかしいのは自分だけで助産師さんや看護師さんは全く気にしていません。

⑤授乳服・産後ウェア

産後は必ずしもすべての人が母乳が出るとは限りませんが、授乳服の用意があるといざ授乳をすることになった時にとても便利です。

授乳は最初の頃は、3時間おきの為いつでもどこども授乳のスタンバイが出来るお洋服だとかなり助かります。

芸能人御用達の授乳服のお店はコチラ⇒授乳服とマタニティウェアの【スウィートマミー】

【余談】

私は3人の子供全て完母でした。

その様子を目の当たりにしていた姉は出産後自分も母乳が出るものだと思っていた為、入院中に授乳室で授乳の特訓を看護師さんと何度もやりましたが、母乳は出ませんでした。

退院後きっと母乳が出るだろうと思っていましたが、一向に母乳が出ない為粉ミルクに切り替えました。

母乳が出るのが当たり前で、母乳で育てたかった姉はとてもショックが大きくなかなか立ち直れませんでしたが、その後体調を崩してしまい、色んな病院にかかりました。

原因がわからず困り果てていると、もしかしたらということでホルモンの専門医にみてもらい、ホルモンのバランスが崩れてしまう難病にかかていることがわかりました。

これが原因で母乳が出ませんでした。

母乳が出ない理由がわかり、ホッとしたのと原因不明の体調不良の原因がわかり安堵しましたが、その後難病と闘っています。

姉は、母乳が出なくとも元気に赤ちゃんは育つことがわかり、安心して2人目も粉ミルクで元気な子を育て上げました。

姉のように難病が原因で母乳が出ない場合もありますが、母乳の出具合は個人差がかなりあります。

人によっては、母乳が出ないことで母親失格だと感じたり、母乳の方が栄養素が高いのにと悲しくなったり、赤ちゃんに自分のおっぱいを飲んで欲しかったととても悲しくなってしまうこともありますが、赤ちゃんはママが大好きで、今はとっても栄養価の高い粉ミルクが沢山出ています。

母乳も粉ミルクも様々なメリット、デメリットがありますが、母乳でも粉ミルクでも赤ちゃんは元気にスクスク育つので、母乳がでなくても安心して赤ちゃんを育ててください。

⑥授乳肌着

授乳肌着や授乳ブラはあるととても便利です。

私は授乳ブラに大きめの肌着を合わせてきていましたが、友達の多くが授乳ブラと肌着が一体型の授乳肌着を着用していました。

授乳肌着はわざわざ授乳ブラを着用する必要がないので、便利だと着用していた友達が話していました。

私は既に授乳ブラが沢山あったので、わざわざ授乳肌着を購入しませんでしたが、これから購入する方は授乳肌着が楽チンでおすすめですよ。

⑦産後リフォームインナー

産後すぐに体形を戻したい人は産後リフォームインナーや骨盤矯正ベルトを使用するのがおすすめです。

私は、第二子までは産後リフォームインナーや骨盤矯正ベルトのトコちゃんベルトをちゃんと使用していましたが、第三子の時はさぼってしまったので、体形の戻り、骨盤の戻りがかなり遅く、やっとの思いで重い腰を持ち上げ、一日たったの2分産後ダイエットで隠れ肥満から女の自信を取り戻せの記事に記載がありますが、整体で骨盤矯正に行った後自宅に居ながら出来る時短ダイエットでやっとウエストのくびれをゲットしました(苦笑)

まずは、整体や接骨院などで骨盤矯正をすることをおすすめします。

産婦人科によっては産前産後の整体を併設している病院もあるので、心配な方は産婦人科の整体に行くといいかもしれません。

骨盤のゆがみが矯正され、正しい位置に戻った状態で産後リフォームインナーやトコちゃんベルトを使用すると更に効果が現れます。

産後ダイエットも骨盤や体の歪みが整ったうえで行うことで、変なところに筋肉がついてしまい更に骨盤や体が歪んでしまうということを防ぐことが出来ます。

もしも、どんな産後リフォームインナーや骨盤矯正ベルトを使用していいのかわからないという方は・・・

産後リフォームインナーなら、【犬印本舗】の商品がとても安心して使用できてるのでおすすめです。

骨盤矯正ベルトなら、絶対に【トコちゃんベルト】をおすすめします!!

 トコちゃんベルトをおすすめする理由

①医師や助産師から推奨され、病院から勧められるのは【トコちゃんベルト】です。なぜなら、 骨盤を安定させる効果が医学的に検証されている骨盤支持ベルトは【トコちゃんべルト】だけ でだからです

②妊娠中から産後まで長く使用することが出来る

③帝王切開の場合、傷口が痛くて産後リフォームインナーを使用することが数カ月出来ないが【トコちゃんベルト】なら傷口にあたらず骨盤を矯正することが出来る。

⑧メモリアルドレス(セレモニードレス)

無事に出産という大役を終え、10か月ずっと一緒だったお腹の中の我が子とご対面!!

初めての育児に翻弄されながらの約1週間の入院生活が終わり、やっとの退院。

そして、初めての自宅での生活がスタートするこの日にメモリアルドレス(セレモニードレス)を赤ちゃんに着せて家族に待ちに待った赤ちゃんをお披露目です!!

メモリアルドレス(セレモニードレス)は着る機会が少ないので、お宮参りなどに着せる方もいらっしゃいます。

私は、退院後自宅に帰ってからメモリアルドレス(セレモニードレス)を着せた我が子を何度も何度も写真に収めました(笑)

メモリアルドレス(セレモニードレス)を着せると本当に可愛いですよ~

可愛いメモリアルドレス(セレモニードレス)が売っているお店⇒スウィートマミー

まとめ

いよいよ出産が近づいてきましたね。

特に初めての出産だと全てが初めてだらけで、不安でいっぱいですよね。

まずは、体が身軽なうちに入院準備をし陣痛が起きてすぐに病院に駆けつけられるように準備をしておきましょう。

また、経産婦さんは上の子の育児に追われ、入院準備がギリギリになってしまいがちです。

上の子と年齢差がある場合、何を準備すればよかったのか忘れがちなので、早めに時間の余裕がある時に準備しておきましょうね。

出産は安産の方から難産の方まで様々ですが、出産後の我が子の対面は本当に感動します。

もしも、お父さんが立会できる方は是非しましょうね。

お産を知っているお父さんは生まれてきてくれた赤ちゃんに対しても、出産を頑張ってくれた奥さんに対しても気持ちがだいぶ変わると思いますよ。

自然分娩・帝王切開を体験:1人目の自然分娩・立ち合い出産
自然分娩帝王切開体験:1人・2人目の自然分娩の違い・立ち合い出産

残り僅かな妊婦生活を楽しんでください。



スポンサードリンク