母性健康管理指導事項連絡カードとは?実際に休職になったエピソード

スポンサードリンク
Pocket

母性健康管理指導事項連絡カード(母健連絡カード)

厚生労働省に基づいて、作れらている母性健康管理指導事項連絡カード(母健連絡カード)って知ってますか?

私は今回仕事復帰の手続きをしている最中に知りました。

この母性健康管理指導事項連絡カードは、簡単に言うと妊娠中や出産後体調がすぐれない方限定で医師が仕事に対して何らかの緩和措置をした方がいいと判断した時に、その内容を母性健康管理指導事項連絡カードに医師が記載し会社に提出すると仕事などの負担を減らしてもらえるものです。

母性健康管理指導事項連絡カードの詳細について調べていきましょう。

スポンサードリンク

母性健康管理指導事項連絡カードとは?

母性健康管理指導事項連絡カード(母健連絡カード)

母性健康管理指導事項連絡カード(母健連絡カード)

母性健康管理指導事項連絡カードの趣旨

「母性健康管理指導事項連絡カード」は、仕事を持つ妊婦や産後の女性が主治医などから通勤緩和や休憩などの指導を受けた場合、その指導内容が事業主の方に的確に伝えられるようにするために利用するものです。

女性労働者からこの「母健連絡カード」が提出された場合、事業主の方は「母健連絡カード」の記載内容に応じた適切な措置を講じる必要がありますが、残念ながらすべての事業主が「母健連絡カード」について把握しているわけではない為、不当な扱いを受ける場合もあります。

また、「母健連絡カード」は、「妊娠中及び出産後の女性労働者が保健指導又は健康診査に基づく指導事項を守ることができるようにするために事業主が講ずべき措置に関する指針」に、その様式が定められています。

母性健康管理指導事項連絡カードはどういう時に使えるの?

仕事を持つ妊婦さんや出産後の女性の体調が思わしくなく、いつも通り仕事をすると母体や赤ちゃんに影響があると医師が判断した時に使えます。

例とえば・・・

・仕事内容の変更

立ち仕事などの場合は座り仕事など負担の少ない業務への変更が可能

・勤務時間の短縮

長い時間働くことが出来ない場合は勤務時間を短縮することが可能

・休憩時間の変更や増加

妊婦は疲れやすい為仕事内容によっては休憩時間の変更や増加などが可能

・通勤緩和

交通機関の混雑を避け、時間をずらして出勤などをすることが可能

・休業

切迫流産や切迫早産など、突然入院や長期自宅療養が必要な場合は休業することが可能

妊婦や出産後の女性の健康状態に合わせてこのようなことが認められます。

母性健康管理指導事項連絡カードが使えるのは正社員だけ?パートは?

厚生労働省に基づいて、母体や赤ちゃんを大切にしようということで「母健連絡カード」が活用されている為、 正社員だけでなく、準社員、派遣社員、パートタイム、アルバイトと働くすべての妊婦さんや出産後の女性に適用されます ので、安心してください。

母性健康管理指導事項連絡カードの効力は?診断書は不要?

「母健連絡カード」は診断書と同等に取り扱われる証明書類です。

事業主に「母健連絡カード」以外に診断書のの提出は必要ありませんが、事業主によっては「母健連絡カード」と「診断書」の両方の提出を求められることがあるようです。

「母健連絡カード」が「診断書」と同等の効力であることを事業主に説明した上で、診断書の発行を検討するようにしましょう。

また、医師によっては「母健連絡カード」の記入をお願いしても医師に書いてもらえないケースがあります。

「母健連絡カード」への医師側の認識不足や、医師と上手くコミュニケーションがとれなかったことなど理由はさまざまですが、母健連絡カードを書いてもらうためにかかりつけの病院をかえ、「母健連絡カード」をやっと書いてもらえたという人もいます。

「母健連絡カード」を記入してもらえなかった人の口コミをみる限りでは、どちらかというと男性の医師が主治医で書いてもらえず、別の女性の医師や別の病院の女性医師に相談したところスムーズに「母健連絡カード」を書いてもらえたという口コミが何件かありました。

女性医師の中には同じように妊娠経験があり、大変な思いを経験したからこそ理解が早くスムーズに「母健連絡カード」を書いてもらえるのかもしれませんね。

ただ、私の主治医は男性の医師でしたが私の健康状態を考慮してすぐに「母健連絡カード」を記入していただけたので、医師が「母健連絡カード」を把握しているかなども大切かもしれません。

母性健康管理指導事項連絡カードで傷病手当金はもらえる?

傷病手当金とは?

傷病手当金とは健康保険に加入している人が、業務外で病気やケガを負って働けないときに生活をサポートしてくれる制度です。

傷病手当金を受け取ることができれば、給料が支払われない間の治療費や生活費を心配せずに過ごすことができますが、病気やケガが理由で休んでいても、条件によっては傷病手当金を受け取れない場合があるので注意が必要です。

例えば、傷病手当金は業務外での病気やケガが受給の条件です。

業務上病気やケガをした場合は労災保険の給付対象となり、傷病手当金は受け取れません。

また、連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと、休業中に給与の支払いがないことも傷病手当金を受け取る条件としてあげられています。

妊産婦の傷病手当金の申請

妊娠悪阻(にんしんおそ)や切迫流産、切迫早産、妊娠高血圧症候群などにより、医師から自宅療養や入院を指示されることがあります。

医師の判断による休業の場合は、妊産婦さんでも傷病手当金の受給対象になることがあります。

勤務先の健康保険に加入していることや、医師の判断で業務に就けないと判断されたことなど、妊産婦さんの傷病手当金の受給条件は通常の傷病手当金の受給条件とほぼ同じです。

注意点

①基本的に出産手当金と傷病手当金は重複して受け取れませんが、傷病手当金のほうが出産手当金より多い場合は差額を受け取ることができます。

傷病手当金は、母健連絡カードの提出で受け取ることはできないので、傷病手当金申請書への記入と手続きが必要です。

傷病手当金申請書の中には、担当医師による証明欄もあるので、忘れずに記入を依頼しましょう。

②欠勤日に有給を使用する場合は傷病手当金の申請はできません。

休業した日数によっては有給を使うか、傷病手当金を申請するか悩むことがあるかもしれません。

勤務先の就業規則によっては休業中の給与の支払いに違いがあるので、よく確認したうえで有給にするか傷病手当金を申請するか決めるようにしましょう。

母性健康管理指導事項連絡カードを使用して休んだ時のお給料はどうなるの?

母性健康管理指導事項連絡カード(母健連絡カード)

「母健連絡カード」を使用して仕事を休んだ時のお給料については、先程述べたように妊産婦の傷病手当金の受給対象になる場合もありますが、有給扱いになる場合もあります。

残念ながら、事業主によっては無給の場合もあり、事業主によって異なる為「母健連絡カード」を使用する場合は自分のお給料がどうなるのか事業主に確認しましょう。

母性健康管理指導事項連絡カードは何度でも記入してもらえるの?

「母健連絡カード」は一度医師に記入してもらったら、もう書いてもらえないということではなりません。

その都度、妊産婦の体調に合わせて記入してもらえます。

例えば、切迫流産の可能性があるということで2カ月仕事を休むように「母健連絡カード」に記載があった場合は、事業主に承諾を得て2カ月仕事を休み、その後体調が良ければ、仕事復帰をしますが、体調が悪く長時間働くことが出来ないという場合などはまた「母健連絡カード」に勤務時間短縮の内容を記載してもらい、事業主に再度提出し勤務時間を短縮することが可能です。

このように、その都度妊産婦の体調に合わせて「母健連絡カード」を使用することが出来ます。

職場で肩身の狭いを一時的にするかもしれませんが、命を最優先しこの時だけは割り切って乗り越えましょう。

母性健康管理指導事項連絡カードの手に入れ方

①かかりつけの産婦人科

まずはかかりつけの産婦人科に「母健連絡カード」があるか確認しましょう。

「母健連絡カード」の用意がない場合もあります。

②母子手帳

母子手帳によっては「母健連絡カード」が付いている場合があります。

③厚生労働省のホームページ

厚生労働省のホームページから「母健連絡カード」をダウンロードできます。

①や②で「母健連絡カード」を手に入れることが出来なかった方は、厚生労働省のホームページから「母健連絡カード」をダウンロードして、産婦人科に持っていきましょう。

厚生労働所のホームページ⇒母性健康管理指導事項連絡カードのダウンロード

ポイント

「母健連絡カード」の記入を希望する場合は事前にかかりつけの産婦人科に「母健連絡カード」が用意されていて、健康状態によっては記入してもらえて、費用がいくらかを確認しておくとスムーズです。

母性健康管理指導事項連絡カードの記入は無料?有料?

「母健連絡カード」の記入費用は病院により異なりますが、2,000円ぐらいに設定しているところが多いようです。

高い病院だと4,000~5、000円ぐらいかかりますが、私のかかりつけの産婦人科は税込みで1,000円でした。

母性健康管理指導事項連絡カードを実際に記入してもらい休職することになったエピソード

実際に私が体験したエピソードです。

今私は第4子を授かっています。

4月から保育園の入園が決まったので、4月から仕事に復帰する予定でした。

ところが保育園の入園決定し、仕事に復帰することを伝えたその後・・・

妊娠しているかも?と思った矢先に休日に大量出血をしてしまい、いつもお世話になっている産婦人科に電話したところまだ一度も診察に行っていなかった為受け入れてもらえず、泣く泣く救急病院に駆けつけました。

大量出血をしてしまった時の詳細はコチラ⇒4人目を授かった・兄と姉が急成長!ママは子供たちに助けられている

その後、かかりつけの産婦人科にかかることになり妊娠初期に大量出血もしているので、切迫流産の可能性があると言われ、安静にするように指示がありました。

実は、第2子も妊娠初期に大量出血し切迫流産の可能性が高く、生まれてくる可能性は1%もないと言われ、怯えながら入院と自宅療養をしていました。

この時は、自分の親も主人の親も健康で元気だったので助けてもらえましたが、今回はどちらの親にも頼ることも主人が仕事を休むことも難しいので、万が一私が入院になってしまうと幼い子供3人の世話をどうすればいいのかということで、ハラハラして落ち着きませんでした。

第2子切迫流産しかけた時の詳細はコチラ⇒大量出血赤ちゃん生まれる可能性1%以下・奇跡は起きるのか?

とにかく、入院はま逃れホッとしました。

その後、会社の復職面談では流産をする可能性が高かった為、妊娠していることは伝えませんでしたが、2度目の復職面談の時に少し容態が安定してきたので妊娠していることを伝え、業務内容の変更と時短の希望を伝えました。

すると、上司から「体は大丈夫なの?仕事は続けていいの?」とすごく心配をされました。

私は仕事に復帰しないと保育園に既に通っている娘が退園になってしまうと思い、「娘が保育園を退園になってしまうので、働きます。」と何度も何度も心配してくれるにもかかわらず言い切りました。

その後、復職手続きをし帰宅をするもののなんだかモヤモヤし、市役所の保育担当の方に電話をしました。

「4月に入園決定の子供とすでに保育園に通っている子供がいて、復職が決まっていたのですが、妊娠が発覚し、体調がすぐれないので職場から休職を勧めらましたが、もし休職した場合は2人とも保育園は退園になってしまいますか?」

と聞いたところ・・・

「妊婦さんの体調がすぐれない場合は、医師が仕事を休んだ方がいいと判断した場合のみ妊娠要件に切り替え、お子さんは保育園を継続して通園することが出来ます。」

と言われました。

え?????そうなの・・・とかなり驚きました。

というのも、本当に体調がすぐれず寝たきりの日もあり出血も続いていたので、このまま大きなお腹で立ち仕事、重い荷物を運ぶ仕事をやり続けられるか、もし頑張っれたとしても赤ちゃんがダメにならないか?万が一入院することになったら3人の子供たちはどうなるのか?などの不安で胸が張り裂けそうなぐらいいっぱいいっぱいでした。

保育園の問題はクリアしたとしても、会社の制度としてこのことが通るのか?そのことが疑問になり、本社に事情を説明し問い合わせをしたところ、「かかりつけの医師の判断で「母性健康管理指導事項連絡カード」に必要事項を記入してもらえれば、休職や時短などが出来ます。」と言われました。

「母性健康管理指導事項連絡カード」の名前を初めて聞いたので、何を言っているのかわからず何度も何度も聞き直してしまいました。

その後、産婦人科にかかると母体と赤ちゃんが不安定の為、仕事内容からも判断して休職した方が良いという判断が下され、会社に事情を説明し数カ月仕事復帰をするはずでしたが、このまま会社を休むことになりました。

実は、上の子は私が復職したら学童に入る予定でした。

学童に入って、沢山のお友達といっぱい遊ぶことを楽しみにしていたので、学童に入れないと知ってすごくふてくされてしまい大変でした。

ただ、出産前後の期間だけ学童に預けることが出来るので、私の体調がすぐれなければ少しの期間学童に入れることも検討します。

きっと学童には入れたら喜ぶんだろうな~

というわけで、私の場合は自宅で安静に過ごすことになりました。

まとめ

「母健連絡カード」を利用した実際のエピソードのように「母健連絡カード」は仕事を持つ妊婦さんや出産後の女性を守るためのものです。

むやみやたらに使えるものではありませんが、健康状態を考慮して医師が判断をした場合は仕事や通勤の緩和を事業主にしてもらえます。

ただし、私の職場のように制度がしっかり整っていると話は早いのですが、「母健連絡カード」事態の存在を知らない事業主もいるのでその場合は自分がしっかりと知識を持ちあわせた上で、事業主に掛け合ってみましょう。

赤ちゃんが授かるのも奇跡、お腹の中で育つのも奇跡、健康に元気に産まれてきてくれるのも奇跡。

そんな奇跡の連続を母親も家族も必死に守り続けています。

理解のある事業主が増えることを祈ります。

スポンサードリンク