げぇ!子供の口が臭い!口臭の原因は?ブリアンの歯磨き粉で口臭改善!

スポンサードリンク
Pocket

子供の口臭の原因・対策・改善・歯磨き粉ブリアン

最近の悩み・・・

5歳の娘の口が臭い!!

朝起きた時口からムォ~~~ンと何とも言えない口臭が・・・

我が家には3人子供がいるけど、今のところ真ん中の娘だけ。

主人が冗談で「お母さんと同じ口の臭いがするね~~~」といった時、主人にエルボくらわしたろか~と真剣に思ったわ~<`ヘ´>

そんなことぐらいで・・・と思ったでしょ。

前に妊婦の時に口臭が酷くて・・・それも半端ないやつ。

うんこのような、ドブのような何とも言えない、鼻がひん曲がる人をノックダウンさせることが出来る悪臭を放っていたんだから仕方ないけどさ。

主人に「口が臭い!」と言われ、母や姉にも「口が臭い!」って言われたことがあって、みぞおち辺りが常にギュ~ギュ~と締め付けられるようなストレスを抱えたことがあって・・・

やっと善玉菌配合の歯磨き粉BRIAN(ブリアン)で改善したのに、そんなこと言うから、冗談でもムッキーーーーーっとなってしまったわ。


スポンサードリンク

子供の口が臭い!

初めて娘の口が臭い!と思った時、何でって思った。

なぜかわからないけど、固定概念で子供の口は臭くないと思い込んでた。

でも、実際には臭い時が何度もある。

娘の場合は大抵朝起きた時、口からムォ~~~ンと・・・

ただ、救いは私が妊婦だった時のようなうんこの用なドブ臭い臭いではなかったからまだよかった・・・

子供の口臭の主な原因

①歯磨きがしっかりできていない

これは、大人にも言えることですが、歯磨きがしっかりできていないと食べ残しが歯にくっついたままなので、虫歯や歯周病になり、そこから口臭が発生することがあります。

これについては小さいお子さんの場合は必ず、仕上げ磨きを大人がしてあげましょう。

小学校の歯科検診の講義では最低でも小学校2年生までは大人が仕上げ磨きをして下さいとおっしゃっていました。

ただし、歯磨きが苦手なお子さんや虫歯が酷い場合などは小学校2年生にこだわらず、親が仕上げ磨きをしましょう。

②口呼吸

子供も大人も口呼吸の人が多いのですが、口呼吸をすると常に口が開いた状態になり、口内に菌が侵入し、また口が乾くと繁殖しやすい状態になってしまいます。

日頃から、鼻呼吸を心掛けましょう。

鼻呼吸は鼻から息を沢山吸って、息を吐く時は口を大きく開くのではなく、すぼませて(唇を「う」の口にする)ふぅ~~~~~と細く、長く吐き、息を吐き切るのがちゃんとした鼻呼吸です。

普段から鼻呼吸を意識することで、口臭改善だけでなく、健康やリラックス効果なども得られます。

③噛む回数が少ない

食事の際ほとんどかまずに飲み込んでしまう子供が増えています。

共働きの夫婦が増え、食事の時間に制限があり、ゆっくりと食事を楽しむことが出来ず、よく噛む習慣が身についていないことが原因とも言われています。

普段から、時間がない中でも子供には「よく噛んで食べること」を伝えましょう。

また、以前歯医者に行って言われたことは「料理をする時は食材を細かく切らず、大きくしたまま食べてください。」と言われました。

食材を細かく切ってしまうと、噛むことが減る為噛む力の衰えや十分な唾液が分泌されず、歯周病菌が洗浄されなくなり、歯周病になるリスクが高まります。

よく噛むことで唾液が十分分泌されます。

もし、子供がよく噛まないな~と悩んでいるのなら、お料理の食材の大きさを改善して、意図的によく噛む習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

④免疫力の低下

風邪などの病気で免疫力が低下すると、口臭が起こりやすくなることがわかっています。

我が子も風邪などを引いた日は特に口臭がします。

体調不良による一時的な口臭であれば、体調が改善されれば、口臭も改善される可能性は高いので様子を見て見ましょう。

⑤ストレス

精神的なストレスがあると唾液の分泌が減ります。

大人も仕事などでストレスを抱えますが、子供も保育園や幼稚園、小学校などで常に頑張っています。

また、新旧などのクラス替え、入園式、入学式などの新しい環境の元では親が思っている以上に相当のストレスがのしかかっています。

この場合も、子供のストレスが軽減されるよう沢山親に甘えられる時間を設けたり、気分転換にどこかお出掛けをしたり、環境に慣れるまで様子を見ましょう。

また、きょうだい喧嘩などで過度なストレスを抱えている場合もあります。

その場合は、どうやってきょうだい喧嘩を対処していけばいいのかも考える必要があるかもしれません。

⑥マウスウォッシュの使い過ぎ

マウスウォッシュは口臭が酷いなら、使用した方がいいのですが、使用頻度が高すぎると唾液の量が減ってしまい、逆効果になる場合があります。

口臭がそれほどひどくない場合は水やお茶などでうがいをしましょう。

お茶の中でも特に紅茶でうがいをすると風邪の予防にもなります。

口臭対策専用マウスウォッシュ「ゴッソトリノ」

子供の口臭対策

①かかりつけの歯医者に行く

あまりにも口臭が続くようであれば、虫歯など何らかの原因がある場合があります。

かかりつけの歯医者に行き、虫歯のチェックや磨き残しなどのチェックも一緒にしてもらいましょう。

歯医者によっては、口臭外来を設置しているところもあります。

口臭外来を設置している病院⇒バイオクリニック/渋谷

②耳鼻咽喉科で検査

かかりつけの歯医者にも行き、適切な処置も行っているのに、長期にわたって口臭がきつい場合は、耳鼻咽喉科で一度検査を受けた方がいい場合があります。

原因が過度のストレスなどの場合もありますが、高級機系の病気が疑われる場合もあるので、必要に応じて小児科などに受診することも大切です。

家でできる口臭対策

①歯磨きをしっかりする

子供に歯磨きの習慣をさせ、可能であれば一日3回歯磨きをしましょう。

子供が小さいうちは子供任せではなく、仕上げ磨きをしましょう。

市販で売っている歯磨き粉でも口臭が改善されればいいのですが、万が一口臭が改善されない場合は口臭改善に最適な日本初!虫歯菌除去用成分『BLIS M18』配合
子供用歯磨き粉【ブリアン】 の歯磨き粉を使用するのがとてもおすすめです。

公式サイト⇒【ブリアン】

②口呼吸から鼻呼吸へ

お子さんが常に口を開けているようであれば、鼻が詰まっていたり、なんだかの原因があります。

まずは耳鼻咽喉科などで問題がないか調べてもらうのがいいでしょう。

問題が改善したのであれば、普段から鼻呼吸が出来るように練習しましょう。

③ダラダラ食べるのをやめる

子供口臭の原因・改善・対策歯磨き粉ブリアン

口臭を予防するためには、口の中を清潔に保つ必要があります。

おやつやご飯などをダラダラと食べていると口の中に常に食べ物や飲み物がある状態になり、口内環境は最悪です。

食事の時間はテレビを消して食べたり、おやつの時間を決めて食べるなど工夫をしましょう。

④水分をたっぷりと摂取しよう

毎日しっかりと水分補給をすることで唾液が十分な量を分泌します。

1日1.2~1.5リットルほど摂取するといいと言われていますが、なかなか子供が水分の量を意識して飲むことは出来ないので、お子さんが全然水分を取っていないな~と感じたら、水分を取るよう促したり、用意してあげるなど親も工夫しましょう。

特に、朝起きた時は口が乾いていて口臭がします。

水分を摂ることによって口臭はだいぶ改善されます。

子供の口臭のまとめ

子供の口臭は朝起きた時などの生理的口臭が大半ですが、場合によっては虫歯、歯周病、呼吸器系の病気などによる病的口臭が原因の場合もあります。

まずは、自己判断せずかかりつけの歯医者に相談しましょう。

子供が幼いうちはいいのですが、小学生や中学生になり長期にわたって口臭が酷い場合はいじめなどに発展する場合もあります。

いじめにより、過度のストレスがさらに加わり、口臭が酷くなる場合もあります。

口臭はとてもデリケートな問題なので、早期対策、早期改善を試みましょう。

子供の口臭対策におすすめの歯磨き粉⇒【ブリアン】


スポンサードリンク