妊娠中期~後期の足のむくみの原因!足が象のように重くて疲労満載

スポンサードリンク
Pocket

妊婦足のむくみの原因

妊娠中期に入り、足のむくみがすごくなってきました。

私の場合は妊娠5か月後半あたりから朝起きると足がズドーーーンと象の足のように重くて、疲れが全く取れないといった症状が毎日続いています。

妊婦は特に妊娠中期から疲れやすかったり、足がむくみやすかったりするので、この辛い足のむくみの原因は何でしょうか?



スポンサードリンク

妊娠中期~後期の足のむくみの原因

むくみは体内に水が溜まるとなりやすくなります。

妊娠中は赤ちゃんに届ける血液量が増えて体内の水分量が増えているので、妊娠前に比べてむくみやすい状態です。

妊娠中のむくみの原因はいくつかありますが・・・

①運動不足

②水分不足

③塩分の摂りすぎ

④冷え

⑤長時間同じ姿勢

この5つが主な原因です。

①運動不足

妊娠中は運動不足になりやすく、足を動かすことが極端に減り血流が滞りがちになります。

また、高齢出産の場合は血の巡りも悪くなり、さらに足がむくみやすくなります。

妊娠中期の安定期に入ると体調が良い人はマタニティーヨガやウォーキングなどをすると運動不足解消になります。

②水分不足

妊婦足のむくみ水分不足

妊婦にとって水分補給はとても大切ですが、水分を摂りすぎると足がむくむと思い水分を取らない人もいますが、これは間違っています。

一気に大量に飲む、冷たお水を飲む、ジュースやコーヒー、清涼飲料水をたくさん飲むこのような飲み方をすると足がむくみやすくなりので、常温のお水やお白湯を飲むと腸内環境も整いますので、間違った水分の摂取方法をしないようにしましょう。

③塩分の摂りすぎ

塩分の主成分であるナトリウムには水分を多く取り込む性質があるので、塩分を摂取しすぎると過剰な水分が体内に溜め込まれる原因になります。

注意点

糖分を摂りすぎても血糖値が高くなりやすくなりますが、塩分を摂りすぎても血糖値が高くなりやすくなり、妊娠糖尿病になる可能性があるので気をつけましょう。

④冷え

妊婦は体を冷やさないようにとよく言われますが、特に足や腰回りを冷やすと血流が滞り、足がむくみやすくなります。

写真のような腹帯や足首まで温める締め付けないタイプの靴下を夏でも履いて、足腰を温めましょう。

腹帯は締め付けが苦しい人はゆるいタイプを選ぶのがおすすめです。

⑤長時間同じ姿勢

妊婦足のむくみ長時間同じ姿勢・デスクワーク

同じ姿勢を続けていると、ふくらはぎが動かないため足の血液が心臓に戻りにくくなり、むくみが起こります。

特に、立ち仕事やデスクワークでむくみが起こりやすくなりますので、たまにストレッチをするなど工夫をすること足のむくみが軽減されます。

妊娠時期別足のむくみ

妊娠中期の足のむくみ

妊娠中期はつわりも落ち着く人が多く、安定期に入るのでついつい育児や家事、仕事を頑張ってしまいがちですが、血液量が増加する時期の為体内が変化し、妊娠前と同じように体を動かしているとむくみやすくなります。

妊娠後期の足のむくみ

妊娠後期は赤ちゃんが大きくなりだんだんとお腹が重くなり、お腹の周りの血管が圧迫され、足のむくみがさらに悪化します。

むくみがひどい場合は、妊娠高血圧症候群の可能性もあるので、心配な方は産婦人科で診察を受けましょう。

まとめ

私は第3子までは、仕事をしていた為、適度にうごいていたのと足のむくみを気にしている暇がなかったのか???比較的足のむくみを感じませんでした。

ただし、第2子までは就寝前と就寝中と起床後のこむら返りがすごくて激痛と戦っていました。

第3子のこむら返りはこれ以上足を伸ばすとこむら返りが起こるという感覚がわかるようになり、1度しかこむら返りはしませんでした。

まさか、そんなことが出来るようになるとは思いませんでした(苦笑)

第4子では、まだこむら返りはしていませんが休職中で運動不足の為、足のむくみがすごすぎて朝起きた瞬間からむくんでいます。

休職になった理由はコチラ⇒母性健康管理指導事項連絡カードとは?実際に休職になったエピソード

足がむくむと体中がズドーーーンと重たい感じがし、疲労感もすごいです。

その為、いくつか妊婦の足のむくみ解消をトライしていますので、後日お伝えしますね。

みなさんの足のむくみが少しでも軽減され、快適な妊婦生活が出来ますように。



スポンサードリンク