赤ちゃんの寝かしつけで悩んでいるママの救世主安眠「エマムール」

スポンサードリンク
Pocket

赤ちゃん夜泣き寝かしつけ・安眠エマムール

赤ちゃんの寝かしつけで困っているママは沢山いるのではないでしょうか?

私もそのうちの一人でした。

子供が3人いますが、初めての子が本当に大変でした。

夜泣きはひどい、寝かしつけに1時間から2時間以上はかかる常に寝不足続きでイライラ・・・

2人目は少しは眠れるように、そして3人目は毎日一緒に爆睡していたので毎日朝はスッキリ起きていました。

1人目と3人目のこの違いはなぜなんでしょうか?

スポンサードリンク

正しい赤ちゃんの寝かしつけとは?

赤ちゃん安眠おくるみエマムール

友達の子は生まれた時からとっても楽チンで、いつもまとめて5時間ぐらい寝てくれてママは大助かりでした。

でも、私が出産から退院するまでお世話になった助産師さんの話では赤ちゃんは朝やお昼は沢山寝て、夜何度も起きるのが一番健康だと言っていました。

とは言っても、あまりにも寝かしつけに時間がかかってしまうとママはクタクタ。

ただでさえ、女性は妊娠をして出産後約一年間ぐらいホルモンのバランスが崩れて情緒不安定になります。

ホルモンバランスが崩れて情緒不安定になることについては子育て大変疲れる「パパ助けて!」世界で一番大変な仕事【母親】の記事に記載されているママは悪くない! 子育ては“科学の知恵”でラクになる コミック&エッセイの本を読むとよくわかりますよ。

是非、旦那さんにも読んでもらい少しでも育児に協力してもらいましょうね。

実は日本人とフランス人の赤ちゃんの寝かしつけには大きな違いがあるのをご存知ですか?

日本人の赤ちゃんは沢山夜泣きをします。

フランス人の赤ちゃんは夜泣きをしません。

この違いはなんでしょうか?

その答えについてはコチラ⇒間違いだらけの赤ちゃんの寝かしつけ・本当の寝かしつけのコツは?

この答えを知ると私が1人目の赤ちゃんと3人目の赤ちゃんにしてきたことの違いがよくわかりますよね。

そして、赤ちゃんの寝る仕組みを知っているか知らないかで赤ちゃんがゆっくり熟睡できるか、ママが楽に生活できるかが大きな分かれ道ですね。

赤ちゃんの寝かしつけを楽にしてくれる安眠「エマムール」

赤ちゃんの寝るリズムや仕組みを知った上で、今までよりはスムーズに赤ちゃんを寝かしつけることが出来るようになるのではないでしょうか?

私はお陰様で3人目の時は毎日睡眠は合計7時間は確保出来ていたので、1人目の時よりも毎日イライラせず過ごすことが出来ました。

その為、フランスの子どもは夜泣きをしない パリ発「子育て」の秘密 [ パメラ・ドラッカーマン ]の本はとても参考になります。

初めて読んだ時は目からうろこでした。

自分の寝かしつけが間違っていたことを痛感した瞬間でした。

フランスの子どもは夜泣きをしない パリ発「子育て」の秘密を読んだ上で、更に寝かしつけがスムーズになる方法をご紹介します。

赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいる時はギューと丸まっています。

赤ちゃんにとってこの体制がとっても安心してリラックスして眠れます。

その為、私はブランケットや毛布でぐるぐる巻きにしてミノムシみたいなスタイルで抱っこをするとすぐに眠ってくれたので、そのままお布団にそーっとおいて寝かしたり、クッションなどで固定し体が丸まった状態で寝かしていました。

この状態だと安心して2~4時間ぐらいまとめて寝てくれていました。

そのお陰で、家事がかなりはかどりました。

でも、一点だけ困ったことがブランケットや毛布でミノムシ巻きにすると家では問題ないのですが、ベビーカーやチャイルドシートに乗せても固定することが出来ないので、結局はブランケットや毛布を取り寝かせてしっかり固定していたので、せっかく寝ていたのに起こしてしまうということが多々ありました。

そんな悩みを解決してくれるのが今話題のおくるみ安眠【エマムール】です。

赤ちゃんがスヤスヤと安眠してくれるエマールは足の部分が二股になっていて、そのままぐるっと巻いて赤ちゃんの心地よい適度な締め付けでミノムシ巻きにします。

この状態が赤ちゃんにとってママのお腹の中にいた時の状態に似ていて、ベビーカーやチャイルドシートに乗っている時もスヤスヤ熟睡してくれます。

ブランケットや毛布より優れている点は他にもあります。

エマムールは通気性、速乾性も良く、触り心地もとても良いので赤ちゃんにとってとっても快適で、汚れても簡単に丸洗いできるのでママにとっても快適に過ごすことができる優れ物です。

とってもおすすめなので、赤ちゃんの夜泣きや寝かしつけで悩んでいる方は是非試しててください。

公式サイト⇒【エマムール】



スポンサードリンク