最安値の引っ越し業者から更に引っ越し料金を値切る方法を公開!!

スポンサードリンク
Pocket

引っ越し料金を値切る方法

引っ越し料金を安くする3つのポイントについては、引っ越し料金を安くする3つのポイントさえ押さえればグッと安くなるでお話しさせていただきましたが・・・

引っ越し料金を安くする3つのポイントさえ押さえればグッと安くなるの記事では、引っ越し料金を値切る方法については触れていなかったので、そのことについて実際に私が6回の引っ越しで引っ越し料金を値切った方法について公開したいと思います。

スポンサードリンク

引っ越し料金を値切る方法!!

①引っ越し一括見積をする

引っ越し業者を一つに絞るのではなく、引っ越し一括見積をします。

おすすめの引っ越し見積もりはコチラ⇒引越し最安値 比較

②引っ越し一括見積の連絡方法をメールにする

引っ越し業者によっては連絡方法が電話かメールのどちらかが選べます。

私は、一気に電話がかかってくるのが嫌だったのでメールにしました。

引っ越し業者によっては連絡方法をメールにしていても電話で連絡してくる場合があります。

連絡方法は電話がいいという方は、電話でも問題ありません。

大抵、いつぐらいの引っ越しを希望か?荷物はどのぐらいあるのか?荷物の量を確認するための訪問日などについて聞かれます。

③引っ越しの荷物の量をざっくり伝える

引っ越しの荷物の量に関してはネットから入力する場合(例:タンス2つ、自転車3台、中ぐらいの段ボールが50個などと入力するタイプ)と口頭で引っ越しの荷物の量を伝えたりする場合、または訪問の場合があります。

私の場合は、引っ越し業者が何社も何社も訪問に来る度に予定をあわせなくてはいけないのが嫌だったので、「忙しいので訪問ではなく荷物の量をお伝えするので、ざっくり引っ越し料金を教えていただけませんか?」と伝えて、引っ越し料金を教えてもらっていました。

引っ越し業者によっては訪問でしか回答できない場合があります。

どうしてもその引っ越し業者も検討したいということであれば、訪問依頼してください。

大手などの場合、訪問するとお米などのプレゼントが貰える場合などもあります。

④各引っ越し業者の料金を比較する

メールや電話などである程度引っ越し料金の相場がわかってきます。

もし、他の引っ越し業者からの連絡がなくて引っ越し業者から電話がかかって来て「うちはいくらでやらさせて頂きますので、うちに決めて頂けないですか?」と聞かれたら・・・

「大変申し訳ありません。他の引っ越し業者も検討したいので、またご連絡させていただきます。」と伝えればOKです。

この時点で「他の引っ越し業者よりも高ければ、安くすることもできます。」などと言われる場合もあります。

電話は一旦切りましょう。

数日で全部の引っ越し業者からの引っ越し料金がわかるので、その引っ越し業者に決定するのではなく、ココから駆け引きが始まります。

⑤一番安い引っ越し業者から引っ越し料金をさらに値切る

もし、最安値で条件のいい引っ越し業者が見つかったら、その条件のままOKするのではなく、ココから更に値段交渉をしましょう。

最安値の引っ越し業者に電話をします。

もし、最安値で引っ越し料金が100,000円だったら・・・

「もしもし、引っ越し一括見積依頼をさせて頂いた〇〇ですけれど・・・」などのやり取りをした後・・・

「100,000円でやらさせて頂きたいのですが・・・」と言われたら、「あ、そうなんですね、実は他の引っ越し業者の方が90,000円でやってくださると言っていたので・・・」と渋ってみます。

すると、ココで引っ越し業者の回答は2つに分かれます。

①「その値段でしたらうちは無理なのでわかりました。」と引き下がる。

②「わかりました。そうしましたら、うちは85,000円でやらさせて頂きます。」などの回答が来る場合。

①の場合は引っ越し業者がもっと安くなるならそこに変更するか、このままこの引っ越し業者にお願いします。

②の場合はこのままこの引っ越し業者にお願いしましょう。

注意点

引っ越し料金を値切る場合、引っ越し業者から「安くするのでこの時間にしてもらえませんか?」などの交渉がある場合があります。

この交渉については、可能な範囲でお受けしましょう。

まとめ

引っ越し業者から引っ越し料金を値切るなんて、イヤらしい~~~と考える人も中にはいると思います。

ですが、引っ越し業者も値切られることは日常茶飯事です。

一言「安くしてほしい!!」と言うだけで、大手の引っ越し業者でさえ5万円も安くなったなんてことはよくあります。

「え?最初のあの値段はなんだったの?」なんて思えてしまうほどです。

また、引っ越し料金を安くする方法を教えてくれる場合もあります。

例えば、「この時期は高いので1日ずらしてくれたら安くなります。」など引っ越し業者の都合と照らし合わせてアドバイスなどもしてくれるので、値切るなんて卑しいなんて思わず、一言「安くしてほしい。」というだけでも変わりますよ。

騙されたと思って、引っ越し業者の方に相談してみてください。

引っ越し一括見積はコチラ⇒引越し最安値 比較

スポンサードリンク