年齢別お年玉相場・赤ちゃんや大学生には渡すの?お年玉のマナーは?

スポンサードリンク
Pocket

年齢別お年玉相場

もういくつ寝るとお正月~♪

あっという間に寒くなり、お正月が差し迫っていますね。

皆さん、お正月に渡すお年玉っていくら渡していますか?

「お正月は毎年10万円ぐらいなくなる」と嘆いている友達や「親戚が多すぎてお年玉の出費が怖すぎて、親戚が集まる元旦は避けて挨拶に行ってる。」という友達もいるぐらいお年玉って子供にとっては嬉しいけど、大人にとっては恐ろしすぎますよね(;”∀”)

我が家はまだ子供たちが小さいので何とかなっていますが、私と姉達の決まり事でお年玉は大変だからということで小学校のうちは一律一人1,000円にしています。

そして、高校生の甥っ子がいるのですが、その甥っ子には個々で金額を設定して渡しています。

私は高校生の甥っ子には5,000円お年玉を手渡していますが、世間一般のお年玉の平均額はいくらでしょうか?


スポンサードリンク

年齢別お年玉の平均額

未就学児3~6歳のお年玉の平均額

1,000円

地域によって「500円」と「1,000円」の2つのに分かれましたが、「1,000円」が全体の60~70%を占めています。

小学校の低学年のお年玉の平均額

2,000円

1,000円~3,000円が圧倒的に多かく、500円は少数派でした。

完全に我が家と姉たちは少数派ですね・・・

一応弁明しておくと姉妹間の事なのでお互い負担を掛けないということで一律1,000円にしています。

小学校高学年のお年玉の平均額

3,000円

ほとんどの地域で3,000円でした。

小学校低学年の時と比べるとお金をもってお友達と出掛ける機会が増え、自分でお菓子やおやつを買ったりするようになります。

正しい金銭感覚を身に付けるいい機会かもしれませんね。

中学生のお年玉の相場

5,000円
ほとんどの地域で5,000円です。

それ以下の金額だと中学生は物足りないかもしれません。

高校生のお年玉の相場

5,000円以上
「5,000円」が40%、「10,000円」が60%を占めています。

中には7,000円前後をお年玉として渡している人も少数派ですがいます。

赤ちゃんや大学生にはお年玉はあげるの?

年齢別お年玉相場

世間一般的な解答としては「お年玉はあげなくていい」そうです。

ただし、例外があります。

赤ちゃんにお年玉をあげた方がい良い場合

①自分の赤ちゃんにお年玉を頂いた場合
②親戚の暗黙了解で赤ちゃんにもお年玉をあげている場合

赤ちゃんのお年玉の相場

1,000円
500円~1,000円が圧倒的に多かったですが、硬貨でお年玉を渡すのはちょっとという方は1,000円渡しているようです。

赤ちゃんにはお年玉ではなく違うものを渡す

赤ちゃんにはお年玉を現金ではなく、商品券や図書券、トイザらスのカードなど赤ちゃんのおもちゃや絵本を買うことが出来るものを渡す人も沢山いらっしゃいます。

大学生にもお年玉をあげた方が良い場合

①自分の子供が大学生の時にお年玉を頂いた場合
②親戚の暗黙了解で大学生にもお年玉をあげている場合

トイザらスのベビー・マタニティ用品通販 総合専門店 ベビーザらス オンラインストア

お年玉の総額都道府県ランキング

第一位 大分県  32,875円
第二位 福井県  32,500円
第二位 山梨県  32,500円
第四位 鹿児島県 32,400円
第五位 熊本県  30,231円

最下位 岩手県  11,333円

第一位の大分県と最下位の岩手県ではお年玉の総額に20,000円以上の差がありますね。

お年玉のマナー

お札について

必ず 新札 を用意しましょう!!

お札の折り方

表(肖像がある方)が内側で、左から右の順で見つ折りにします。

ポチ袋から取り出した時に、表が上を向くようにして入れます。

ポチ袋の書き方

ポチ袋の表に相手の名前を書き、裏の左下に自分の名前を記載します。

お年玉NG金額

縁起の悪い「4」と「9」の数字の金額は避けましょう。(400円、4,000円、900円、9,000円などはNGです。)

お年玉残念過ぎるエピソード

私は従姉妹が数えきれないほどいます。

何十人いるんだろう?

父が11人家族、母が7人家族だったので、その子供たちの数は・・・

とにかく多すぎてどの人が従姉妹かわからないぐらいです。

毎年お正月におばあちゃんの家に行って親戚からお年玉をもらうのがすごく楽しみでした。

でも、母がいつも「結構です。」と断り続けて、貰える時と貰えない時がありました。

貰えたとしてもこっそり、返されたり・・・

毎回、「バカやろ~~~~~!!」と心で叫び続けていました。

受け取っても母にお年玉を回収されるし、幼い頃は母が私の為にお金を貯蓄してるなんてこれっぽちも思わなかったので、ただただ「ひど~~~~い!!」としか思えませんでした。

それから、私は何十人もいる従姉妹の中で歳が離れていて一番下だった為、年々お正月に従姉妹達が集まらなくなっていき、私がお金が欲しい!!と思える年頃の頃にはお年玉があまりもらえなくなってしまいました。

更に残念なのが、体が大きかった為、大学生だと間違えられて何度もお年玉がもらえませんでした。

どんなに「私まだ高校生です。お年玉下さい!!!!!!」と言いたかったことか・・・

隣で母がギロリと鋭い目で見張っているので、そのことも言えませんでした。

私は姉たちと比べるとお年玉の総額は圧倒的に少なかったと思います

。本当にあの頃は嫌で嫌で仕方なかったです。

今は親になり子供たちにお年玉をあげる立場になりました。

子供達には、みんなから頂いたお年玉のうち1,000円だけ渡して好きなものを買っていいよと伝えてあります。

残りは各々の貯金通帳に貯蓄してあるので、将来大人になってお金が必要になった時や結婚資金の足しとして渡してあげようと思っています。

まとめ

「お年玉はいつまであげるの?」かがよく話題に上がりますが、特に決まりはありませんが、一般的に多いのは「高校卒業」、「社会人」、「20歳」でした。

ただし、自分の子供が高校卒業後などもお年玉を頂いていた場合は相手のお子さんにもちゃんとお年玉をお渡ししましょう。

それから、お年玉の金額は子供の年齢や間柄(親しい中かどうかなど)で多少前後するため、参考にしてみてください。

親戚が多すぎて、破綻する~~~~という方は元旦の挨拶の日時を変更するというのも手かもしれませんね。

そういえば、最近はもらったお年玉を宝くじに費やすという子供がいるようです。

それで、お金が増えたらラッキーという一獲千金を狙っているそうです。

さすが現代っ子!!

日本一当たる売り場で宝くじの購入代行サービス⇒【ドリームウェイ】



スポンサードリンク