【速報】卓球高校生最強ペア「みまひな」早田ひな・伊藤美誠決勝進出

スポンサードリンク
Pocket

早田ひな「みまひな」決勝進出

伊藤美誠「みまひな」ペア決勝進出

最近に日本はスポーツ界が悪い意味でもよい意味でもに賑わっていますね。

悪い意味では相撲協会の日馬富士VS貴ノ岩、揉めに揉めまだ解決の糸口は見えそうにありませんね。

日馬富士暴行事件が気になる方はコチラ➡【相撲界激震】酒癖の悪い日馬富士が貴ノ岩を30発殴り頭の骨折れる

そして、スポーツ界の嬉しいニュースが続いていますよ!!

日本の卓球界が盛り上がっています!!

2017年11月19日、ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン(2017年11月13日~19日)<ストックホルム>で卓球女子ダブルスの最強高校生ペア「みまひな」=早田ひな(日本生命)・伊藤美誠(スターツ)組は、世界卓球2017ドイツの銀メダルペアでシングルス世界ランク1位の朱雨玲、同2位・陳夢の中国ペアを11-8、1-11、11-9、11-9の3-1で破り、ついに決勝へ進出した!!

最強高校生ペア「みまひな」がペアを組んでから9か月余りのスピードの速さに驚きを隠せません。

今回の決勝進出で、「みまひな」ペアはワールドツアー2勝目が期待できそうだ!!

そして、女子シングルス2回戦では石川佳純(全農)が中国選手に勝ち、準々決勝に進出しました。福原愛が卓球界を退いた後も若手の卓球界の選手たちが日本を賑わせていますね。

福原愛ちゃんの女児出産が気になる方はコチラ➡福原愛「泣き虫し愛ちゃん」二世誕生・女児出産でママになる!!

スポンサードリンク

最強高校生ペア「みまひな」結成半年でワールドツアー初優勝

「みまひな」ペア=世界選手権銅メダルの伊藤美正(スターツ)と早田ひな(福岡・希望が丘高)がペア結成半年という最短でマチルダ・エクホルム(スウェーデン)、ゲオ ルギナ・ポータ(ハンガリー)を3-2で破り、ワールドツアー初優勝を飾った。今回もワールドツアーで優勝を飾り、2勝目が期待できそうです。

早田ひなプロフィール

名前:早田ひな(はやたひな)
生年月日:2000年7月7日
出身地:福岡県北九州市
経歴:希望が丘高校

早田ひなは、攻撃型サウスポーの選手で、フットワークを生かした両ハンド攻撃と強気に打ち込むのが強みの選手であり、バックハンドからの打球が素晴らしい!!

石田卓球クラブで4歳の頃から卓球をスタートし、中間東中学校1年生の時の2013年8月に行われた「全国中学生大会」で優勝を勝ち取りました。

そして、中学2年生の時の「全国中学生大会」でも優勝を勝ち取り、2連覇を成し遂げます。決勝では、「みまひな」ペアの相方伊藤美誠と熱戦を繰り広げました。(中学校3年生の「全国中学校大会」では結果を残せず、ベスト8でした。)

また、中学2年生の時に「スペインオープン」で決勝進出しましたが、決勝には敗れ惜しくも準優勝でした。

ただし、この時の記録は、平野美宇がマークした決勝進出の最年少記録(13歳357日)を77日間更新するという素晴らしい結果でした。

その後、メキメキと腕を上げ続け、2015年「全日本選手権」ではベスト8に輝き、2016年「ワールドツアークウェートオープンU21」で優勝!!

2016年「ワールドツアーカタールオープンU21 」で準優勝!

2016年「ドイツオープンU21 」で準優勝!

2017年「アジア卓球選手権」女子団体準優勝!女子ダブルス3位!と素晴らしい快挙を成し遂げ続けています。

現在(2017年11月)の世界ランキング14位です。

東京オリンピック楽しみですね。

伊藤美誠プロフィール

伊藤美誠&福原愛

名前:伊藤美誠(いとうみま)
生年月日:2000年10月21日
出身地:静岡県磐田市
経歴:大阪昇陽高校

伊藤美誠は、2歳頃両親が卓球をしている姿を見て、自分のやりたくなりラケットを握ったのが卓球人生の開幕だといわれています。

母の伊藤美乃りさんは社会人時代にクラブチーム「卓精会」に所属していた元卓球選手です。

現在は卓球の上級指導員、公認コーチの免許、生体の資格を取得しており、伊藤美誠選手の担当コーチの一人として大会に一緒についていくなど手厚いサポートし続けています。

2歳で卓球を始めた伊藤美誠は4歳で「全日本卓球選手権・バンビの部(小学2年生以下)」に出場。

2008年「全日本卓球選手権・バンビの部(小学2年生以下)」優勝!!

2010年「全日本卓球選手権・カブの部(小学4年生以下)」優勝!!

2011年10歳の時に「全日本卓球選手権」で優勝!!

福原愛選手の史上最年少記録を塗り替える。(10歳89日)

その後、同い年の「平野美宇」とダブルスを組み、「みうみま」ペアとして世界大会で大活躍をし、「伊藤美誠」の名が世界に知れ渡しました。

「みうみま」ペアの初快挙は2014年「ワールドツアー・ドイツオープン」で優勝した時です。

ワールドツアー最年少で優勝を遂げた為「ギネス」の記録に認定!!!!!!

2014年12月「ワールドツアー・グランドファイナル」で日本の卓球界のダブルスでの初優勝!!日本卓球界初の快挙を遂げました

。実は伊藤美誠のギネス記録は1つではなく2つもあります。

もう1つは、2015年「ワールドツアー・ドイツオープン」のシングルスで史上最速(14歳・152日)で優勝!!こちらもギネスに認定されています。

若くして、これだけの輝かしい功績を残せているのは4歳の頃から母の伊藤美乃りさんの元でスパルタ教育=毎日1日6、7時間卓球の練習を積み重ねてきたからでしょうね。

母の伊藤美乃りさんは自身で「私はスパルタですよ!と公言しており、伊藤美誠選手も「相当辛かった」と語っています。

伊藤美誠選手は世界ランキングトップ10入りをついに果たした。

「みまひな」ペアでもシングルでも東京オリンピック楽しみですね。

「みまひな」ペア秘話

ともに小学生だったころからお互いの存在は知っていた。

中学2年生の時「全国中学生大会」で一緒に戦い、この時は早田ひなが優勝を勝ち取った。

幼いころから知っている相手ではあったが、まさか将来ペアを組むとはお互い思いもよらなかった。

2020年東京五輪オリンピックでダブルスの強化を目指している馬場美香監督の方針で「みまひな」ペアが結成された。

コンビ結成後すぐに早田ひなが膝を痛めた為、ほどんど一緒に練習をすることが出来なかったが、その後「みまひな」ペアは世界と互角に渡り歩けるだけの頭角をあっという間に見出していく。

まとめ

日本の卓球界が本当に素晴らしく、2020年の東京五輪オリンピックが益々楽しみだ!!

今まで「福原愛」が卓球界の代名詞だったように感じるが、今の卓球界は福原愛以外にも強い選手が続々と現れている。

その代表が「みまひな」ペアの早田ひな、伊藤美誠、そして、女子シングルス2回戦で中国選手に勝ち、準々決勝に進出した石川佳純や卓球界の明るい未来を見せてくれる平野美宇など・・・

そして、男子の卓球界にも期待が集まっている銀メダリストの水谷隼。

まさに水谷隼選手が日本の男子卓球界をメジャーにしたといっても過言ではない。

そしてイケメンだと話題になった森薗政崇、大島祐哉など・・・日本の卓球界が熱い!!!

2020年に東京でオリンピックが開催されるので、子供たちを引き連れて絶対に東京五輪オリンピックを見に行きたい。

そして、東京五輪パラリンピックも子供たちに見せてあげたい。

色んな障害を乗り越えて、一生懸命頑張っている人達がいる。

そしてその人たちが日本の未来を明るく導いてくださっていることを目の当たりにして何かを感じ取ってもらえればと思う。

卓球の選手だけでなく、日本のスポーツ選手の皆さんこれからも応援し続けます。

頑張ってください!!楽しみにしていますね(*^▽^*)



スポンサードリンク