今春は引越し難民が続出!人材不足で希望の日に引越出来ない!

スポンサードリンク
Pocket

引越し難民・引っ越し一括見積

今春は「企業から依頼される引っ越しを100件以上断ざる得ない。」と話し引っ越し業者が多発している。

1つの引っ越し業者で100件以上引っ越しを断るということは、引っ越し業者も100件ずつ断ったらどうなってしまうのだろうか?

恐ろしいことが起きる。

春の仕事の異動の時期に異動先の引っ越しが出来ないという「引越し難民」が続出する可能性が大!!

「引越し難民」が続出この時期にどうやって引っ越しをすればいいのだろうか?

スポンサードリンク

「引越し難民」が続出する理由

①運転手不足

昨秋、宅配業者のヤマト運輸と佐川急便が運転手不足に悩み労働条件見直しに踏み切り、引っ越し業者のドライバーが好待遇になったヤマト運輸と佐川急便のドライバーにごそっと流れ込んでしまった為、深刻な引っ越し業者のドライバー不足問題に直面してしまった。

引っ越し業者としては1年間で一番稼げるこの時期に引っ越しを断らなくてはいけないという異常事態で痛手だ。

②長時間労働抑制

長時間労働抑制などの働き方改革で、大手業者を中心に引っ越しの受け入れ件数を絞る傾向がある。

また、時給が良いとされてきた引っ越しのアルバイトだが、アルバイト内容が過酷な為、学生たちが引っ越しのアルバイトを敬遠し、人員確保に頭を悩ます引っ越し業者も多数出ている。

引っ越し業者引っ越し時期ずらすように呼びかけ

あまりの悲惨な条件の元致し方なく、引っ越し業者が起こした行動は、転勤の異動時期を2月前や4月以降にしてもらい、引っ越しの時期を分散するように依頼要請している。

「引越し難民」の悲劇

早めに引っ越しを依頼した学生は無事引っ越しの予約も取れ6万円で済んだが、同じ条件で引っ越しを依頼した友達は引っ越しの申し込みをするのが遅かったため、14万で引っ越すことになってしまった。

倍以上の14万円、プラス8万円も上乗せして引っ越す羽目になってしまった・・・

何が何でも引っ越すには?

①自分で引っ越しをする

自分で引っ越しをする場合、トラックや大型の車がある人や友達に借りられる人はいいのですが、そうではない場合はレンタカーを借りなくてはいけません。

レンタカーは春は繁忙期の為、希望の車が借りられない可能性があるので、引っ越し業者の日程も会わず自分で引っ越しをしなくてはいけなくなってしまった人は、早めにレンタカーの予約をしましょう。

自分で引っ越す場合は梱包、荷物の積み込み、運び、荷解き、車の返却などすべてやらなくてはいけないので、荷物が少ない場合はいいですが、一人で槍には大変すぎる場合は友人などの力を借りましょう。

②多くの引っ越し業者に見積依頼をする

「引越し難民」という言葉を見てびっくりした方は今すぐ多くの引っ越し業者に見積もり依頼をしてください。

一軒一軒連絡をしていたらきりがないので、引っ越し一括見積で一気に見積もりを出してもらって、最安値で一番条件の良い引っ越し業者に依頼しましょう。

大手の引っ越し業者の場合は、 2018年の3月24日(土)~4月8日(日)は引越ができない可能性があると注意を呼びかけている ので、何が何でも引っ越しをしたい方は大手にこだわらず、中堅の引っ越し業者も検討してみましょう。

引っ越し業者の一括見積はコチラ⇒一番安い引っ越し業者を一括見積して簡単予約

スポンサードリンク