七五三由来・いつ?11月15日徳川徳松3歳お祝いをした記念日

スポンサードリンク
Pocket

七五三

知ってるようで知らない七五三。「七五三」ってみんな言うけど、子供が七歳、五歳、三歳になったらお祝いするんだよね?

漠然としか実は知らない人も多いのでは?

「七五三」は、子供の成長を祝い、健康を願う、関東圏のみで行われる地方の風習でした。

今は日本全国に広まり日本の伝統行事に発展しました。

「七五三」の謎や疑問に迫ります。


スポンサードリンク

なんで七歳と五歳、三歳の子供の成長と健康を願うの?

昔は乳幼児の死亡率が高かったため、子供が7歳になるまでは子供の成長を願う儀式が沢山ありました。

そのうちの一つが「七五三」です。

七五三は何歳でやるの?

昔は数え年で男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳で「七五三」のお祝いをしていましたが、現在では満年齢、男の子が5歳、女の子が3歳と7歳で「七五三」のお祝いをする家庭が多くなりました。

ただし、兄弟がいる場合などは、二度「七五三」をやるのは大変な為、年齢は多少ずれてもまとめてやってしまうご家庭もあります。

また、「七五三」の撮影をする写真館の割引キャンペーンに合わせて、写真を撮る人も増えています。

我が家の場合は、上の子達は5歳、3歳の時に一緒にやりました。

末娘は姉と4歳差なので姉が7歳、妹が3歳の時にまたまとめて「七五三」の撮影をすることが出来るので、労力も出費も最低限に抑えることが出来たので良かったです。

とってもお得な七五三の写真撮影はコチラ⇒fotowa(フォトワ)

3歳:髪置の儀(かみおきのぎ)

平安時代は、男女ともに生後七日目で産毛を剃り、3歳まではみんな坊主頭でした。

3歳になると髪をみんな伸ばすことができるようになります。

その時の儀式が男女ともにお祝いする「髪置の儀」です。

*数え年3歳(満2歳になる年)

七五三・3歳

5歳:袴着の儀(はかまぎのぎ)

平安時代までは男女とも初めて袴をつける儀式を行っていましたが、江戸時代になって男の子だけが初めて袴をつける儀式を5歳でやることが定着した儀式が「袴着の儀」です。

*数え年5歳(満4歳になる年)

七五三・男の子のお祝い・5歳

7歳:帯解の儀(おびときのぎ)

女の子は3歳まで着物を結んでいた付け紐(つけひも)を外し、大人と同じ着物や帯を結ぶようになる儀式「帯解の儀」です。

*数え年7歳(満6歳になる年)

七五三・7歳

現在では上記の内容以外に、三歳で言葉を理解するようになり、五歳で知恵づき、七歳で乳歯が生え代わるなど、発育してゆく上で病気にもなりやすく、さまざまな危険を伴う時期なので、成長と健康を神社などで氏神様にお祈りする行事という意味合いが強くなっています。

また、宗教上神社で参拝が出来ない方は、「七五三」の記念撮影をし、おじいちゃん、おばあちゃん、家族みんな揃ってお食事をしながらお祝いするご家庭もあります。

七五三はなぜ11月15ににやるの?

①徳川徳松の3歳の髪置きの儀をお祝いした日

本来は7歳、5歳、3歳の子供のお祝いは平安時代からありましたが、それぞれ別の日にお祝いをしていましたが、江戸時代「お犬様」で有名な五代将軍徳川綱吉の子、徳松の3歳の髪置きの儀を行った為と言われています。(徳松は5歳で亡くなったそうです。)

②鬼宿日

中国から伝えられた「二十八宿(にじゅうはっしゅく)」の暦にあたり、婚礼以外は何事の祝い事にも吉とされた日だった為。

③収穫祭と満月

11月は秋の実りを氏神に感謝する月であり、11月15日が旧暦で1年一番最初の満月になる日とされており、この日に子供の成長の感謝と祈願をした為。

まとめ

実は知ってるようでしらない「七五三」の由来。

由来を知っているのと知らないのでは大違いですね。

今後も昔ながらの大事な日本の伝統儀式を大事にしていきたいな~と思いました。

そして、子供の成長と今後の健康をお祈りし、家族揃って全てに感謝をしみんなで楽しく生きていきたいなーと噛みしめました。

皆さんにとって素敵な「七五三」になりますように。

19,800円一律七五三写真撮影はコチラ⇒fotowa(フォトワ)

七五三の撮影で撮ってもらった写真を自分でオリジナル写真集にしたい人はマイブックがとってもおすすめ!!




スポンサードリンク