貴乃花親方スピーチ・弟子が危害を加えたらもっと公に捜査すると宣言

スポンサードリンク
Pocket

貴乃花親方真相スピーチ・日馬富士暴行事件

ついに貴乃花親方が日馬富士暴行事件について11月26日九州場所千秋楽後、福岡・田川市内で後援者たちが参加する「相撲茶屋 貴ノ花」で打ち上げパーティーに参加し、メディアの取材に対してどんなに叩かれても「口を閉ざし続ける理由」や日馬富士関から暴行された貴ノ岩関の深刻な様態について語った。

スポンサードリンク

貴乃花親方が日馬富士暴行事件についてノーコメントを貫き続けた理由とは?

今までの貴乃花親方の不可解な行動

貴乃花親方は相撲協会の巡業部長でありながら、相撲協会から「日馬富士暴行事件の真相についての調査に協力して欲しい。」と言われても最初は相撲協会に一向に出向くこともせず、何度も相撲協会から出向くよう依頼があり、やっと重い腰を上げ出向き、相撲協会に「お断りします。」の一点張りで、貴乃花親方と相撲協会の平行線が続いた。

このことにより、貴乃花親方と相撲協会の派閥などの人間関係がうまくいってい為、貴乃花親方は相撲協会を信用せず、相撲界を改革したいと強い志を持っているにもかかわらず、独自の行動を貫き続ける変わり者だと世の中にはうつてしまった。

これも、貴乃花親方が日馬富士暴行事件について取材陣からも「しゃべれ、しゃべれ」と言われ続けてもノーコメントを貫き通したため、メディアが憶測を憶測が呼んで事が大きくなってしまった。

一時期、「日馬富士関と貴ノ岩関の二人の問題なのに貴ノ岩関の親方=貴乃花親方がメインになっていておかしすぎる。」とまで貴乃花親方がメディアに叩かれ続けた。

貴ノ岩関が直接日馬富士暴行事件について真相を話せばいいのに・・・とも言われていた。

その後、貴ノ岩関は電話で信頼している元小結・旭鷲山に日馬富士暴行事件について一度だけ真相を語っている。

日馬富士暴行事件について貴ノ岩関が真相を語った内容とは??? 日馬富士暴行事件貴ノ岩耳が聞こえない・白鵬が語る暴行は当たり前!

貴ノ岩関の母国「モンゴル」では社会に貢献し続ける日馬富士関は子供たちの英雄であり、ヒーローである為、被害者の「貴ノ岩関が日馬富士関を陥れるために騒ぎ立てている」とまで言われ、貴ノ岩関はとても肩身が狭く、悲しい思いをしていた。

日馬富士の社会貢献の詳細はコチラ 小倉智昭が語る「日馬富士引退」日馬富士の社会貢献を考えると無念!

貴乃花部屋打ち上げパーティーでのスピーチの内容

貴乃花部屋の打ち上げバーティーでは後援者の方にお詫びのコメント

「みなさんこんばんは。高い所から失礼致します。周りがとても騒がしく、ご迷惑をおかけいたしております。この場を借りてお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。」

貴ノ岩関の様態や真相について

「実は貴ノ岩がこういうふうになりまして。まだ基本的に警察の方の捜査が進展しております。なので、私はマスコミにも接触も一切お答えせずに。最初に貴ノ岩が普通に稽古場で傷ついた、少しきつめに稽古をしたというような、俗に言われるしごきではなくて、夜の街でけがを負って帰ってきたということで色んな沢山の憶測を生んでいると言っている報道関係者の皆様方が憶測を作っております。」

巡業部長としての信念

「私は巡業部長として、相撲協会の理事であります。そして、巡業部長というのは、各部屋から250名の相撲協会員を預かる総責任者でもあります。今回の件に関しましてはたまたま貴ノ岩がその傷を負ってしまったと簡単に言えないことですが、そう皆様にご理解いただいたとしましたら、他の部屋の力士、巡業参加の力士がその傷を負ったとしても、私は同じく、正面を切って警察の方にご相談に行きます。これが信念でございます。」

「力士たち、協会員が傷を負って帰ってきたのであれば、それをすぐさま捜査。どのような状況で行われたか、誰が被害者で誰が加害者か。政党に裁きをしていただかなきゃいけないというのが、巡業部長の責任であります。」

「仮に私の弟子が他の力士、もしくは他の一般の方へ危害を加えたのであれば、もっと公にして捜査をお願いしている次第です。」

貴乃花親方が報道陣から学んだこと

「報道の方々は、私にしゃべれしゃべれと言いますが、しゃべるだけ貴ノ岩の傷が癒されない状況になっていくのは間違いございません。」

「これは教科書に書いておらず、私が入門したてのころからマスコミさんとのお付き合いの中で学んだことです。」

と木鶏(もっけ)を貫いていた。

貴乃花親方が貫く木鶏(もっけ)とは?

木鶏(もっけ)については、貴乃花親方が相撲の行動規範としている第35代横綱双葉山関(時津風定次)が描いた愛読書=横綱の品格 (ベースボール・マガジン社新書)にヒントが隠されている。

「横綱の品格」は双葉山の生い立ちや、横綱の稽古、心得などが記載されている。

実は、双葉山は幼い頃に友人の吹き矢が右目にあたり、ほとんど右目が見えないというハンディ以外にも右小指を機会に巻き込まれ失ってしまったという何とも不運続きの人生だった。

だが、その不運に負けることなく、相撲に立ち向かい、「立ち合いの変化、待ったをせず、相手が立てばいつでも受けて立つ」という強い志を持ちながら、相手より一呼吸遅れて立ち「後の先(ごのせん)」で69連勝をやってのけた素晴らしい力士だ。

この双葉山関は「横綱の品格」の中で、中国の古典に出てくる寅話=「むかし闘鶏飼いの名人は、鶏は威張ったり、興奮したり、相手を見下すうちは駄目で、木で彫った鶏のように、いかなる敵にも無心で立ち向かえるようになって初めて最強の域に達したと認めた」に例えて、横綱の品格=横綱の振る舞いの基本を伝えている。

木鶏(もっけ)=この横綱の品格=横綱の振る舞いを貴乃花親方は貫き通しているのだ。

貴乃花哲学=相撲道について

「日本の国体を担う相撲道の精伸、相撲道の精伸とは、角道と言います。私どもが相撲協会の教習所に入りますと、陛下が描かれた相撲道の精華という訓をいちばん最初に学びます。この角道の精華に嘘をつくことなく、本気で向き合って担っていける大相撲を、貴乃花部屋は叩かれようが、蔑まれようが、どんな時でも土俵に這いあがれる弟子を育ててまいります。」

と自身の信念を貫き通した。

貴乃花親方が最も大切にし続ける「角道の精華」とは? 貴乃花親方が最も大切にし口にし続ける【角道の精華】とは何なのか?

貴乃花親方のスピーチが波紋を呼ぶ

貴乃花親方のスピーチが報道され、世間はいろんな意見が飛び交っている!!

貴乃花親方のスピーチについて世間はどう思っているのか?

・「陛下が描かれた角道の精華、角道の精華に嘘つくことなく本気で向き合って国体を担っていける大相撲・・・」ここ聞いただけでわかる貴乃花は素晴らしい。本当の日本人

・「角道の精華」?実に素晴らしいけど・・・決めごとを守らない姿勢には「う~ん」疑問符?仕方ないと言うより・・・当たり前のことを果たせず、主義主張は出来ないのが、世の常識では?内紛スルにもやり方が姑息。結果居所すら危ういのでは?

・「この角道の精華に嘘つくことなく、本気で向き合っていける大相撲を。角道の精華を貴乃花部屋は叩かれようが、蔑まされようが、どんな時であれども、土俵に・・・この言葉に貴乃花哲学全てが含まれているよね。

貴乃花親方のスピーチの内容については賛否両論ありますが、事件の真相解明が早まり、相撲界が落ち着き、現役力士の方や相撲に携わる皆さんが落ち着いて相撲を楽しめる時が早く来るといいな~としみじみ思います。

貴乃花親方のバイブル・愛読書の「横綱の品格」が気になる方はコチラ 横綱の品格 (ベースボール・マガジン社新書)

スポンサードリンク