電影少女あい・西野七瀬ついに解禁!ドラマ第1話の内容とエロの感想

電影少女ビデオガール天野あい・西野七瀬ドラマ ▸トレンド
スポンサードリンク

電影少女ビデオガール天野あい・西野七瀬ドラマ

 

ついに待ちに待った「電影少女」の乃木坂46西野七瀬と野村周平が演じるドラマ1話がスタート!!

 

観ましたか???

 

SF恋愛漫画で有名な桂正和の「電影少女」の原作が良すぎるから、ちょっとだけドラマはしょぼいのではないかと気になって気になって、子供の寝かしつけの後目覚ましセットして見事起きました!!

 

大抵はこの時間は目覚ましかけても起きない。

 

さすが「電影少女」ビデオガール天野あいの力!!

 

果たして、乃木坂46西野七瀬が演じるアイちゃんはどうだったでしょうか?

スポンサードリンク

電影少女ビデオガール天野あい&弄内翔のドラマ第1話の内容

電影少女ビデオガール天野あい・西野七瀬ドラマ

弄内翔が原作の主人公弄内翔の家に訪れる

最初は原作の主人公弄内洋太(もてうちようた)の甥弄内翔(もてうちしょう)高校生が両親の離婚で街に親の中立を守る為、どちらの親にもつかず、街に残ることにした。

 

世界中を飛び回っていて家を留守にしている絵描きのおじさん(弄内洋太)の家に居候することになり、清水尋也が演じる親友の古矢智章とおじさんの家に訪れるシーンから始まる。

 

絵描きの叔父の家はとにかく広くて、アンティーク調。

 

絵描きで成功しているのが見て取れるぐらいの豪華なお家で、吹き抜けのとっても大きな家。

 

その一室、叔父の洋太の部屋?物置?にはあのビデオデッキが置いてあった。

 

ビデオデッキには白いガムテープで✖にし、使えないようになっていた。

 

翔が心を寄せる柴原奈々美とライン

弄内翔が通う学校のシーンに切り替わり、すぐ目にしたのは翔が密かに心を寄せている同級生の飯豊まりえが演じる柴原奈々美だ。

 

柴原奈々美は仲良しグループとスマホを片手にインスタの話題で盛り上がっている。

 

そんな時に翔が教室へ到着。

 

奈々美がすぐさま、翔にライン。

 

「おはよ。今日の放課後空いてる?」

 

「打合せ?」

 

「つまりシナリオ完成?」

 

「イエス!」

 

「やったぜ!!」

 

「とりあえずね。」

 

「とりあえず。」

 

「予定空いてます。」

 

「よろしく!」

 

このやり取りが何とも言えない、翔の心の叫び「大好きな奈々美からラインが来たぜ~!!!!!」、「今日の放課後会える!!やったぜ~~~~!!!うぉ~~~~」ってい言っているように思えてならなかった。

 

何とも言えない高校生の甘酸っぱい恋愛模様が伝わってくる。

 

授業中も翔は奈々美を盗み見しながら、奈々美の横顔を描き続ける、その絵のうまさにびっくり。

 

恐らく、翔も洋太のような絵描きになりたいのかもしれない。

 

その作業は放課後まで続く・・・

 

そして、そこへ翔の大本命奈々美が現れる。

 

奈々美が椅子に腰を掛け脚を組むシーンがズームになり、翔の生唾を飲み込む音が聞こえてくようだった。

 

このシーンは多感な年ごろの男子=高校生の生々しい現実を描写している。

 

きっとこのシーンで「おっ」と思った人も多いのでは?

 

そして、そこへ奈々美の本命で翔の親友古矢智章が現れる。

 

智章は奈々美に奈々美深夜から寝ずに4時までかかったシナリオの感想を翔とは対照的にシビアに的確に指摘。

 

これが、奈々美にとっては刺激になり自分のレベルが上がると智章への絶大的な支持を集めていた。

 

3人の複雑な三角関係

奈々美が書いたシナリオは自分の感情に本人も気づいているのか?気づいていないのか?は不明だが含まれていた。

 

主人公の女の子と勇敢な男の子がラストシーンでハッピーエンドになる。

 

これは、奈々美と智章を投影しているのが明かだった。

 

でも、このことに3人は一切触れない。

 

恐らく、奈々美が智章に告白をしたら、智章は翔との友情を取り、奈々美を振るだろう。

 

智章は翔の為に奈々美の気持ちに気が付かないふりをし続ける。

 

3人は現状維持を選択し続けていたが、翔の気持ちに限界が・・・

 

そんな時・・・

 

ビデオガール「天野あい」とついに出会う

電影少女ビデオガール天野あい・西野七瀬ドラマ

 

叔父さんの部屋?で古びたビデオデッキを直し、アイのビデオを差し込むと・・・

 

そこに書かれた文字は・・・

 

GOKU

RAKU

VEDEO GIRL

 

なぐさめてあげる♡

天野あい

 

そして、そこへ天野あいを演じる乃木坂46の西野七瀬が現れる。

 

西野七瀬の初々しい演技が始まる・・・

 

翔が「なんだこれ?」と思い、その場を離れようとした時、天野あいが翔の本音をズバッと言い当てた。

 

その本音が的を得ているので、翔は立ち止まってしまう。

 

そして、あのシーン。

 

そう、あいがテレビから実在する人間?として現実世界へ訪れる。

 

電影少女ビデオガール天野あい・西野七瀬ドラマ

 

このシーンがずっと見たかったんだ~

 

このシーンは全然ショボくなかった!!

 

本当に良かった!!!!!

 

その後は、ドラマ第1話からずっと落ち着いていた翔が取り乱す。

 

叔父の洋太に電話するが、電波が悪くて消えてしまう。

 

その後、翔はパソコンテレビから出てきた少女のことをググるが・・・

 

答えはわかりきってる。

 

テレビから女の子が出てくるなんてことを書いてあるはずがない。

 

ラインといい、ググるところと言い現在を上手にあらわしている。

 

そして、テレビから出てきた不思議な少女あいとのやり取りがスタートする。

 

翔は小さい頃から自分の胸の内を隠し続けてきた。

 

自分の本当の気持ちを少しでも出してしまうと、誰かが傷つくと思い、ずっと自分の気持ちを出せずにいた。

 

でも、あいといると本当の自分の気持ちが自然と出てきてしまう。

 

翔とあいのお風呂のシーン

 

翔とあいのお風呂のシーンを楽しみにしていた人も多いよね!!

 

私もそのうちの一人です。

 

どうなるかな?どうなるかな?と思ったら、西野七瀬がバスタオルで体を巻いて登場!!

 

バスタオルから見える背中はとっても華奢で本当に守ってあげたくなるような体。

 

セクシーとかよりも本当にあいを西野七瀬を守ってあげたい。と思ってしまうような背中だった。

 

そして、続きは???

 

どうなるの???

 

と思った瞬間にバスタオルがハラリ・・・

 

え????

 

もしかして・・・

 

と期待を一瞬してしまいますが、やはりアイドル。

 

さすがに西野七瀬の裸体を拝むことは出来ません。

 

西野七瀬ファンの皆様、天野あいファンの皆様本当に残念でした。

 

撃沈ですね。

 

わかってはいても顔はこんな感じかな???

 

( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)

 

ま、そうなるとはおもっていたけどさ・・・

 

そして、翔にあいが「男の子はみんな女の子と一緒にお風呂に入りたいんだろう?」というと・・・

 

翔は「好きな人がいるんで、そういうことはしません。」と丁重に断る。

 

ここが翔のいい所。

 

あいが翔の本音に差し迫る

「本当にいいの?」

 

「そのままで、気持ち伝えなくて。」

 

「あの子が幸せならそれでいい。」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「お前のいいところ1つでみーーーっけ」

 

翔の一人暮らしは1日で終わった。

 

洋太があいと再会

次の日翔の叔父の洋太が家に帰ってきた。

 

洋太が玄関に出たあいに驚く。

 

「本当にあいなのか?」

 

「弄内洋太、君と25年前一緒に住んでいたんだ。」

 

その言葉に翔もあいも驚く!!!!

 

電影少女ビデオガールドラマ第1話の感想

電影少女ビデオガールの原作が好きすぎて、ドラマに期待していたかと言われると・・・

 

どうせ漫画の方がいいでしょ!!

 

と少なくとも思っていた。

 

実際に西野七瀬が演じる天野あいや野村周平が演じる弄内翔のドラマを見て見て、率直に思ったのは・・・

 

やっぱり、野村周平演技上手い!!

 

西野七瀬はというと・・・

 

本当に初々しい感じ。

 

きっとこれから、どんどん演技に磨きがかかっていくのだと思う。

 

そして、カメラの回し方が上手い!!

 

テレビから天野あいが出てくるシーンなどもリアルに描写されていた。

 

これは本当に良かったな~

 

後は、エロについてだが、エロのシーンは高校生の多感な男子目線や男性目線でちょこちょこカメラでズームインされるので、男性はちょっぴりハラハラドキドキするだろう。

 

でも、このままず~~~とこの調子だとエロのシーンは物足りないかも???

 

もっと!!もっと~~~~~~~!!

 

と視聴者からリクエストが上がってくるかも?

 

電影少女ビデオガールドラマ第1話を観た人の感想

・洋太とあいがくっついてない未来。。。もはや西野さんがあいちゃんである必要ないのでは。。。洋太おじさんのところにいるあいちゃんが、西野さん演じるビデオガールの先輩とう設定でよかったのでは。恋編の後の話ということで

 

・西野七瀬に罪はないのだが、やっぱちょっと違う。あれはアイじゃない。

 

・全然期待してなかったが意外に面白かったな
あいが25年前の知識と感性のままってタイムスリップ物みたいなズレを感じさせる設定は
今後の展開で色々いじれそうで良い設定だと思った

 

・あい役はともかく続編設定は悪くないと思う
今の時代にあれやられてもキャラ設定もシチュエーションも痛いだけだし
演出もエロくはなかったけどオシャレでかわいい

 

・来週も見るか迷うなあ
この作品は当然エロを期待するわ

 

いろんな意見がある中、野村周平の演技が上手なので、どうしても西野七瀬の演技が際立ってしまうという意見が結構あった。

 

後は、エロくないなど。

 

やっぱり電影少女のビデオガール天野あいには「エロさ」と「少年ぽさ」、「無邪気さ」、「男の心を揺さぶるキュートさ」が必要だということが良く分かった。

 

もちろん、西野七瀬は可愛いが、ビデオガール天野あいを知っている以上。

 

ついついそれ以上を期待してしまう。

 

電影少女ビデオガール天野アイ・西野七瀬乃木坂46・野村周平

 

次回は西野七瀬が学ランを着て登場!!

 

乃木坂46西野七瀬ファンにとってはたまらない日々になるだろう。

 

スポンサードリンク