「デトランスα」VS「デオエースEXプラス」の【比較早見表】

「デトランスα」VS「デオエースEXプラス」の【比較早見表】▸ワキガ・脇汗・多汗症
スポンサードリンク

「デトランスα」VS「デオエースEXプラス」の【比較早見表】

 

世界的に有名なロールオンの制汗剤「デトランスα」と「デオエースEXプラス」のどちらが自分に合っているのか?効果が高いのか?迷っている人のために

 

「デトランスα」と「デオエースEXプラス」の違いが一発で分かる【比較早見表】を作成したので徹底比較してみてください。

 

「デトランスα」と「デオエースEXプラス」の特徴の違いなどの詳細についても記載があるので、参考にしてください。



スポンサードリンク

「デトランスα」VS「デオエースEXプラス」の【比較早見表】

商品名
デトランスα
デオエースEXプラス
商品画像デトランスαオリジナルデオエース
製造国デンマークポーランド
製造国の特徴北欧・欧米人の9割が気にしているデンマークで製造された実力派!夏の炎天下は40度以上になる暑すぎる国ポーランドで製造された実力派!
内容量20ml40ml(旧20ml)
部位全身
成分変性アルコール、乳酸アルミニウム、塩化アルミニウム、シクロペンタシロキサン、ステアリン酸グリセリル、パルミチン酸セチル、マイクロクリスタリンワックス、ヒマシ硬化油水、クロルヒドロキシアルミニウム、ステアレス-2、オクチルドデカノール、ステアレス-21、ジプロピレングリコール(GDP)、ミリスチン酸イソプロピル、ビサボロール、ボスウェリアセラタガム、アラントイン、パンテノール
特徴医療先進国「デンマーク」で ベストセラー商品となり 瞬く間に200万個の販売実績を叩き出した 世界で人気のワキ用ロールオンIPS処方(独自成分処方)アルコールフリーで 肌に優しさを保ったまま、全身に働きかけることに 成功した最先端の全身用ロールオン
公式サイト詳細はコチラ>>
詳細はコチラ>>

 

デトランスαとデオエースEXプラスの特徴の3つの大きな違い

「デトランスα」VS「デオエースEXプラス」の【比較早見表】

①使用部位が違う

デトランスαは脇専用で、デオエースEXプラスは全身に使えます。

 

とにかく脇の汗や臭いが気になるという人にはデトランスαがおすすめですが

 

脇だけでなく他の部位にも使用したいと考えている方にはデオエースEXプラスがおすすめです。

 

デトランスαび内容量は20mlで約30日間分、デオエースEXプラスの内容量40mlで約30日間分

 

どちらも1つで単品だと4,800円(税込)だということを考えると

 

ケチケチ節約主婦の私としては、同じ日数分使えて気になる脇だけでなく

 

全身にも使えるデオエースEXプラスの方がお得だな~と感じました。

 

お得かどうかだけで考えるとデオエースEXプラスが一歩リードですが、使用感の好みがあるので好みで選ぶのもおすすめです。

 

②洗い流すかどうか

デトランスαとデオエースEXプラスの大きな特徴の違いは

 

使用後塗った部位を洗い流すかどうかです。

 

デトランスαもデオエースEXプラスも寝る前に汗や臭いが気になる部位に直接塗り使用するのですが

 

デトランスαは、翌朝脇に塗った液や成分をしっかりと拭き取ったり、シャワーで洗い流す必要があります。

 

脇に残ったデトランスαの液や成分を拭きとったり

 

シャワーで洗い流さないでそのまま放置していると稀にかゆみを伴う場合があります。

 

デオエースEXプラスは、アルコールフリーなので拭き取る必要はありません!!

 

使い勝手を考えると、使うたびにいちいち拭かなくてよいデオエースEXプラスの方が便利ですね。

 

今のところデトランスαVSデオエースEXプラス=0対2でデオエースEXプラスが有利です!!

 

③成分が異なる

デトランスαの成分と役割

「デトランスα」VS「デオエースEXプラス」の【比較早見表】

 

デトランスαの成分
役割
変性アルコール水とよく馴染み、皮膚の油分や水分を取り、薬液の成分がより深部まで届く
乳酸アルミニウム刺激からお肌を守る
塩化アルミニウム水分と反応して汗腺にフタを作り、汗を抑制する
シクロペンタシロキサン肌へ滑らかに伸び、揮発することでベタつきを抑える
ステアリン酸グリセリル成分同士を乳化させる
パルミチン酸セチル液の粘りをもたせて、肌から垂れにくくする
マイクロクリスタリンワックス乳化を安定させ、油が肌への塗り心地をよくする
ヒマシ硬化油肌の状態を保ち、液の粘度調整としても使用

 

デトランスαの成分は 制汗効果が高いのが特徴!!

 

デオエースEXプラスの成分と役割

「デトランスα」VS「デオエースEXプラス」の【比較早見表】

 

デオエースEXプラスの成分
役割
他の成分を溶かすための溶解剤
クロルヒドロキシアルミニウム制汗剤、収れん剤、消臭剤
ステアレス-2成分を乳化させる
オクチルドデカノール保湿をして、肌の状態を整える
ステアレス-21乳化を安定させる
ジプロピレングリコール(GDP)ベタつきを抑えつつ、肌の保湿、滑りをよくする
ミリスチン酸イソプロピル肌へ滑らかに伸び、揮発することでベタつきを抑える
ビサボロール収れん作用、穏やかな静菌作用があるので、製品の変質を防ぐ
ボスウェリアセラタガム粘着剤、皮膚の状態を整える
アラントイン皮膚の保護剤、皮膚の状態を整える
パンテノール肌の保湿、他の成分を溶かす溶剤として配合

 

デオエースEXプラスの成分には肌の 保湿保護の成分が多く含まれているよ。

 

デトランスαVSデオエースEXプラス勝者はどっち?

「デトランスα」VS「デオエースEXプラス」の【比較早見表】

 

デトランスαとデオエースEXプラスどっちがいいの?

 

デトランスαとデオエースEXプラスを公式サイトで購入すると商品と一緒に説明書が入っています。

 

説明書には・・・

 

 ※ユーアップ取扱商品「デトランスα」でかゆみが出た方、肌に負担をかけたくない敏感肌の方は「デオエース」がおすすめです。

 

※「デオエース」では制汗効果が不十分な方は「デトランスαシリーズ」をご検討ください。

 

と記載があります。

 

説明書にもあるように、脇汗や臭いをどうにかしたいと考えている人にはデトランスαがおすすめだけど

 

肌を保湿しながらも汗や臭いの対策をしたい人にはデオエースEXプラスがおすすめだね。

 

ただし、デトランスαは稀にかゆくなる人がいるようだから、一度パッチテストを行ってから使用するのがいいよ。

 

 

かゆくなる人や肌が弱い人、敏感肌の人はデオエースEXプラスがおすすめだね。

 

詳細・購入はコチラ⇒【デトランスアルファ×デオエース】お試しキャンペーン

デトランスαとデオエースEXプラスの賢い使い方

もともと肌が弱い人や敏感肌の人は最初から脇だけでなく

 

全身に使えるデオエースEXプラスの制汗剤を使用するのがベスト!!

 

また、デトランスαを使用して液や成分を拭いたり、水などで洗い流すのが面倒な人にもデオエースEXプラスがおすすめです。

 

デトランスαとデオエースEXプラスどちらを使っても肌に支障がなく、デトランスαの使用後液や成分を拭いたり、洗い流すのが苦ではない方は

 

制汗効果の高いデトランスαを脇に使用して

 

全身に使えるデオエースEXプラスは気になる部位に使用するのが一番効果的です。

 

デトランスαとデオエースEXプラスのどっちが自分に合うか迷ったら?

デトランスαとデオエースEXプラスの比較早見表や特徴の違いを読んで違いはわかったけど

 

デトランスαとデオエースEXプラスのどちらが自分に合っているのかわからない・・・

 

こんな方には期間限定でデトランスαとデオエースEXプラスがのどちらが自分に合うかどうか試すことができる

 

めちゃくちゃお得なデトランスαとデオエースEXプラスのセット販売があるので、これがおすすめです。

 

従来なら、デトランスα4,800円(税込)+デオエースEXプラス4,800円(税込)=9,600円(税込)のところ

 

2つ合わせて期間限定70%オフの2,900円!!

 

各々を単品で購入するよりも安い値段で2つもゲットできるので絶対おすすめです。

 

これなら、デトランスαを試してみて肌に合わなくても単品の値段よりも安く購入出来ているので損した気持ちにはあまりならないかもしれませんね。

 

実は、ケチケチ主婦代表の私はこのめちゃくちゃお得なデトランスαとデオエースEXプラスをゲットしました!!

 

後日デトランスαとデオエースEXプラスの体験談を紹介しますね!!

 

めちゃくちゃお得なデトランスαとデオエースEXプラスのセットは 期間限定販売だからお早めに!!

 

公式サイト⇒【デトランスアルファ×デオエース】お試しキャンペーン



スポンサードリンク